治らない治療続けますか?

治せない医者当整体院には、病院、整骨院、鍼灸院、マッサージ、(他の)整体院で、改善しなかった方が来院されることが少なくありません。病院と整骨院は保険が利くので、1回の治療費は安いですが、慢性化した症状だと頻繁に長期間通院してる方が多いようです(慢性的症状の場合、整骨院では保険適用外です)。

1回の治療費(施術料)が多少高くても、通う回数と期間が少なく、かなりの確率で回復する当院の施術の方が、トータルでの治療費は安くなると思います。完全に回復しなくても、ほとんどの方は症状が改善するので、以前より楽になります。治らない治療に、大切な時間とお金を使うのは、人生の損失です。

私は、病院や治療院、マッサージなどを否定しません。怪我や急病では、真っ先に病院に行くべきですし、整骨院などの治療で回復するなら、整骨院での治療をお勧めするほどです。要は回復するかしないかです。あまり改善すら感じられない治療は、単なる気休めだと考えています。

保険適用の無い、国家資格でも無い当院の施術で、もし効果が全く現れないなら、通院する人は居なくなります。駅から徒歩12分もかかる整体院。しかもその最寄り駅は町外れの小さな駅です。それでも通院していただけるのは、当院の施術が効果がはっきりあるからです。

他の整体院や整骨院、マッサージで改善する方でも、当院ならもっと少ない回数と期間で改善することが多いと思います。病院や治療院で改善しなかった方でも、一度ダメもとでいいので、試してみませんか?その期待は裏切られないと思います。

当院は整体院を名乗ってるので、基本的には手(たまに足)を使った方法で施術しますが、体に触れているだけの気功のような施術方法もできます。人によっては、体に触れているだけでは施術してもらった気がしないと思いますが、症状の解消を最優先したい方なら、その効果に納得してもらえると思います。

症状をこじらせる「治療」とは?

治療受けて具合が悪くなった

指圧やマッサージは、特別腕の良いマッサージ師にしてもらえば別ですが、ほとんどが慰リラクゼーション目的だと思います。

強く押され、しっかり揉まれることが効果と比例するという間違った思い込みがまだまだありますが、体の状態(特に筋肉)を良くするという意味では、逆効果になることが多いことは、体験者の話からも確かだと思います。

私も一時、マッサージやカイロプラクティックに通っていたことがありますが、次第に強い施術でないとやってもらった気がしなくなり、しまいには、腰痛治療で通っていたのが、腰痛が酷くなったので、怖くなりそれらの「治療」と止めたことがあります。

本当に腕にいいマッサージ師は、やわらかくさするだけで効き目が長続きしますが、ほとんどのマッサージは、強く揉み、しだいにより強い刺激でないと、満足できないようになります。ある種の刺激中毒のようなもので、その刺激の強さに反比例するように、コリは酷くなり慢性化していく例が多いようです。

一時しのぎの気休めを求めているならいいでしょうが、根本的に凝りや不調を解消したいなら、避けるにこしたことはありません。

人間の体は、強い力を加えるにつれて抵抗力がついてきます。一時的には効いたように感じても、回数を重ねる毎に力を強めなければ体が反応しなくなるのです。

それが継続すると、骨と筋肉に過大な力がかかりダメージが蓄積し、思いがけない障害が発生する危険すらあります。

治療する側はもちろんですが、受ける側も正しい知識が足りないようです。
原因を知らずにただ強く長時間揉むだけの「治療」では、すっかり治すなんて無理なのです。

●触られると痛い
施術者の力加減が強すぎるのです。痛みを感じるほど刺激を受け続ければ、次回はさらに強い刺激でないと物足りなくなり、症状をこじされるだけで治ることはないでしょう。

●治療が長時間になる
丁寧な治療院と誤解している人が多いですが、刺激の時間を強くしないと、患者さんが満足しなくなっているからです。的確なポイントに効果的な刺激をやわらかくできる人の治療は、早く終わるものです。

●ずーっと触られ続けている
次々に刺激が続くと、たとえ効果的な刺激でも体に浸透していきません。治療には、体が刺激を受けいれるための「間」が大切なのです。

●器具・道具を使った強い刺激(治療)
牽引や電気による治療は、刺激が強くなりがちです。原因を取り除くわけではないので、治療効果はご存知の通り、あまり上がりません。

●いつまでも通わせる
治療ではなく慰安(リラクゼーション)の治療だと、いつまでも通わせます。その割には治りません。

これらに当てはまる治療は、真剣に体調を良くしたいなら、体を壊されたくないなら、避けたほうが無難だと思います。

マッサージを受けていい人、ダメな人

マッサージ

「マッサージはよく行ってましたが、直後は楽になるんですが、次の日、コリが戻るんですよ」

この様に訴える女性クライアントさんは少なくないです。肩こり・頭痛・腰痛改善目的でマッサージを受けたが、次の日はコリが戻ってしまう。逆にますますひどいコリになったなど。

初めは軽くマッサージしてもらっていたが、続けていたら、軽い刺激では物足りなくなり、今では、肘や親指で力一杯揉んだり、押してもらわないと全然、効いた気がしないという話もよく聞きます。

マッサージを受けてもいい人と受けないほうがいい人がいるということです。受けてもいい人というのは、ハッキリした肩こり・頭痛・腰痛の自覚症状が無く、1日の仕事が終わった時に、肩や背中、腰の辺りが疲れた、筋肉が張った、と感じる程度の人たちです。

これらは、一晩寝ると、次の日には、だいたい疲れが取れていることが多いようです。このように疲れても一晩寝れば疲れが取れる人たちは、休日や仕事帰りにボディ・ケアとしてのマッサージは効果的だと思います。

スポーツの試合後・練習後のマッサージも同様です。あくまでも、疲労を溜めない為の予防的な意味での施術(ボディケア)です。

この反対に、マッサージを受けると逆効果の人は、ハッキリした肩こり・頭痛・腰痛、最悪なのは,手足のしびれ感やムチウチ、重度の生理痛・生理不順がある人などです。何年も症状が継続し、整形外科も受診した、接骨院にも通ったという人は、マッサージ治ることはないでしょう。

これらの、症状を治療・改善目的でマッサージを受けている人は、将来的に症状が悪化する危険性がありますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です