自分の人生を生きる

自分の人生

人生は、自分の意思と欲望と都合で決めるものです。人に言われた通りに考え決断し行動する人生では、自分の人生を生きたとは言えません。

近年、日本では特に、経済的に成功したか失敗したかという単純化した人生評価の物差しが幅を利かせています。

でも、生きる価値、人生の評価を、生きる手段に過ぎない「経済」や「社会的地位」などで計ることは、人生の本質を覆い隠し、人を産業や労働など経済的システムの道具として扱う風潮を助長する結果にしかならないと思います。

僕が整体師になった一番の動機は、言うまでもありませんが、お金儲けではありません。実際、ほとんどの整体師は経済的には裕福とは言えない状態ですから。

人生の価値をより包括的に考えたとき、今までの自分の人生に一番欠けていたものが、他者と触れあい会話し理解することであり、もう一つは、他者のために自分が活動する(仕事する)ことだと気付いたからです。

言わば、45年ほど生きてきた自分の人生を折り返し地点で総括し、後半の人生をどう生きたら満足できるか、後悔しないか、より意義のある満足感のあるものにできるかを総合的に判断した結果、選んだ職業が整体師だったということです。

自分の人生を生きるとは、世間や他人の価値観を人生の選択や判断の基準にしない、自分で考えて感じて悩んで決める。その結果も自分で引き受けるということだと思います。

自分で考え行動するのが人生

整体院開業当初は、接客や営業、集客など経営のことがわからないので、経営コンサルタントの本と読んだり、営業的に成功している整体師のセミナーに頻繁に出席していました。彼らの言うことで実際に役に立ったこともありますが、失敗したこともあります。

やたら強気の成功整体師の言う通りに接客して、患者さんの顰蹙を買って通院を止められたり予約を逃したこともあります。経営コンサルも同様です。言う通りにしても本に書かれてるほど効果がないことなど普通です。なぜなら、彼らと自分では人格も価値観も能力、適正も状況も異なるからです。

似た人格や価値観の人、似た状況の人が語る成功体験は参考にはなりますが、自分の特性や状況に応じてカスタマイズしなければ、うまくいかないことが多いです。自分という人間も自分の人生も唯一無二です。自分で考え、決断し、行動する。そうすることで自分の行動の結果を引き受けることができるのです。

人の言う通りに考え、行動してるだけの人生に、どれほどの意味があるのでしょうか?たとえうまくいかないことが多くても、自分で考えて行動したことなら、後悔はしない、少ないと思います。人に合わせて、場の空気を読み同調するだけの人は、自分の人生を生きてるとは言えない、と思います。

どう生きたかが問われる

自分の人生

人生の意義や目的は、目標を達成することにはありません。自分の価値観と感情に基づき決断し行動し感じ感動すること。これこそが生きる目的なのです。どんなに社会的、経済的に「成功」したとしても、自分で考え感じ実行した結果でなければ意味はないのです。

どんなに社会的立場を得ようと、どれほどの資産を得ようと、どれほどの人間関係を築こうと、死ぬときは必ずきます。あの世に資産も人間関係も持ってないいけないのです。

今わの際に(臨終の時に)問われることがあるとすれば、どのように生きたかだけです。何を残したかではありません。それはどう生きたかの結果に過ぎません。

他人の言う通りに生きた人生は、自分の人生を生きたことになりません。つまり無価値ということです。代替が利く人生ということです。

成功や失敗は、しょせん、この世の出来事のありふれた結果に過ぎません。何も新しいことに挑戦しなければ、失敗はありません。でも、そこには進歩も学びも喜びもなく、あるのは惰性です。

そんな人生に生きる価値はありません。結果に拘りすぎると自分と人生を見失います。今が全てなのです。過去も未来も自分の脳内のイメージ、記憶に過ぎません。

自分の力を出し切る

今を精一杯生きましょう!自分の目で見、自分の耳で聞き、自分の肌で感じたことを自分の感覚で認識し自分の頭で考え、自分で決断し行動するのです。

それが生きるということです。自分の人生を生きるということです。空気など存在しません。あるように皆が装っているだけです。ありもしない「空気」など読む必要はありません。

そんなことをしていると、自分の人生を失います。今わの際に後悔したくなければ、自分の人生を生きましょう!全力で!

現実を受け入れる

「現実をあるがままに受け入れる」ことは、しっかりと大地に足を着けて生きるためには必要なことだと思います。 そうすることで、世界と自分が一体になれるからです。

奇跡を起す

かの、ジョン・レノンも言っています。

「夢だけに生きたら、人生はお仕舞いだ」

夢想家、理想主義者と言われるような彼でさえ、冷徹な現実感覚の持ち主だったようです。
そうでなくては、あれだけの現実的な成功は、望めなかったということでしょう。

奇跡が起きたことがあるかどうか?

キリストのように、水の上を歩くような奇跡は起こせませんが、通常では在り得ないようなことを起こすことを「奇跡」というのであれば、そのような体験をしたことはあります。

それを具体的に人に話したことはほとんどありません。
一回か二回くらい話したことがありますが、
信じてもらえなかったように感じました。
たぶん、胡散臭がられたのだと思います。

僕の場合は、自分が危機的状況に陥ったときに、
その状況を全身で認識し受け入れた上で、
全身全霊で想いを集中させました。

それが奇跡を起こす秘訣なのかな、と思っています。
状況から逃げたら、奇跡は起きません。

生きる意味と存在の意味

人生と自分の存在の意味づけは、各個人が自己探求し自分で発見していくものだと思っています。

人も動物もエネルギーの領域では、不変であり永遠だとは思いますが、今の性格や個性や経験が自分を形づくっているとすれば、今の自分はこの人生で一回きりだと思っています。

エネルギーレベルでは、他の人や動植物、それらが構成する世界と自分とは一体だと感じることができた体験があります。

世界と一体になった体験を経た後では、地球環境を汚したり、人や他の動植物を、意味も無く傷つけたり、利己的目的のために利用し破壊するようなことは、何ら創造的、建設的な意味はなく、巡りめぐって自分をも傷つけ破壊する行為だと気づきます。

自己が無ければ、今現在体験している世界は存在しませんが、自意識過剰で自己利益のみ考えていると、世界とのつながりを感じられなくなります。

どんな物でもその物だけが独立し孤立して存在することは不可能です。全ての物事は関連しあい、支えあい、構成要素を循環させ交換しながら、存在しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です