適度に塩分補給を!

塩分を控えることが健康回復につながるからと、塩分を控えるように言われてますが、塩分が足りないと血液を作る働きが弱くなり、低体温、冷え性、貧血、便秘を引き起します。体に悪いのは精製塩です。ミネラルを含んだ天然塩を適度に取ることは、健康維持のために必要です。

質のいい天然塩には、基礎体力や抵抗力を強くし、胃の働きをよくする作用があると言われています。新陳代謝を活性化させるのも塩であり、血を作り、体温を上げるのも塩です。血液がしょっぱいのは、塩分が含まれているからで、塩は、重要な体の構成要素なのです。

精製塩というのは、塩化ナトリウムが99%を占める化学物質です。天然の塩には、塩素・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・マンガン・ニッケルといったミネラルが含まれています。天然塩に含まれるミネラル成分は、人間にとって必要不可欠です。

カルシウムとカリウムには、粘膜や筋肉を広げる働きがあり、マグネシウムとナトリウムには縮める働きがあります。体の機能を円滑にし安定させるために、天然塩を適度に取ることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です