免疫力を高める方法

免疫力を高める方法

免疫力

病気を治すのは、医師でも薬でもありません。免疫力と呼ばれる自然治癒力(抵抗力)が病気や怪我を治すのです。ヒロ自然療法院の整体は、免疫力(自然治癒力)を高めて症状を解消し、さらに健康回復することを目的にしています。

定期的に整体を受けられない方のために、ご自分でもできる免疫力を高めるための基本をご紹介します。全般的に言えることは、暴飲暴食をしない、タバコを吸わない、各種ビタミンと食物繊維を充分に摂る、適度の体を動かす(スポーツというより運動です)。

自然に順応(適応した)した生活習慣と精神の安定(バランス)、そして量より質のいい食事が免疫力アップのために必要です。

細菌=不潔・病気の原因ではない

免疫学に詳しい医学者の中には、あまりに衛生的で、滅菌状態のところにいると、逆に免疫力は落ちると言ってる方がいます。 皮膚や体内、特に腸内に、適度に細菌がいないと、本当に体に害を及ぼすウイルスが繁殖しやすくなり、被害が大きくなるようです。

体の内外、住んでいる環境を完全に無菌状態にすることなど不可能ですし、細菌類が体内にいるから、食物が分解され、ビタミンなどの栄養素が摂取できる状態になることから考えても、私たちの体は、自分自身の細胞だけで成り立っているわけではなく、体内では細菌類の助けを借り、体外でも、様々な細菌類や他の動植物との相互関係で成り立っていることがわかると思います。

人間社会もそうですが、善か悪かの二者択一的思考では、生命は成り立たないということでもあります。

免疫力を高める生活

バランスの取れた食事

暴飲暴食は消化器系に大きな負担をかけますし、カロリー摂取量も増え、肥満の原因にもなります。さらには免疫力の低下も招きます。

旬のものを食べる

新鮮な「旬」野菜や果物には豊富なビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれています。温室栽培のものは、見た目が同じでも、栄養価がかなり低くなっています。

自然の素材を食べる

インスタント食品などの加工食品が蔓延している現代社会ですが、栄養のアンバランスや食品添加物の過剰摂取につながります。

腹八分にで食事を終える

特に夜は少なめに食事をとることが肥満予防につながります。就寝前できれば3~4時間前までに食事を済ませておきましょう。

なるべく温かい食べ物を食べる。冷たいものを避ける

冷たい物は内部から体を冷やすので、体の機能低下を招くと思われます。さらに消化吸収機能を弱め、免疫力を低下させます。

早寝早起きで規則正しいリズムで生活する

人間の体のリズムは日没と日の出によって体内時計のバランスを取っています。夜ふかしや昼過ぎまで寝ているような生活習慣は、体内時計を狂わせるので、自律神経をはじめとして体の機能のバランスを崩す原因となります。

深酒を控え、禁煙する

適度な飲酒はストレスの発散につながりますが、飲みすぎると、肝臓の機能障害などを招きます。タバコは肺ガンだけでなく、様々な癌を誘発させるという調査結果があります。心肺機能も低下させることは、よく知られています。

毎日、決まった時間に排便する

便秘は大腸ガンや乳ガンの原因のになると言われていますし、体内に不要物を留めていることになるので、毒素などの排出も滞るといわれています。

体を冷やさないようにする

夏場の冷房や冬にアイスクリームを食べる、ギンギンに冷えたビールを大量に飲む、水は氷を入れて冷やさないと飲まないなどは、体を年間を通じて冷やすことにつながります。冷えは体の循環機能の低下させ、免疫力を弱めます。

毎日、散歩などの運動をする

適度の運動は血液循環を促し、代謝を良くするので免疫力を高めます。頭ばかり使わず、もっと体を使いましょう。

情緒を安定させる

喜・怒・悲・思・憂・恐・驚の7つの感情を過不足なく、無理に抑圧することなく、表現し感じましょう。無理に抑圧すれば、心身のバランスを崩し、その無理がカタチとなって現れてしまいます。適度にセックスすることも、心理的、情緒的な安定には、必要なことです。

笑いのある生活

笑いは全身をリラックスさせ、免疫力を高めることが実証されています。あまり堅苦しく考えず、プライドもたまには捨ててみましょう。ユーモアを理解すれば、もっと楽に生き易くなります。

あまり厳格な健康法を実践しない

健康に関心を持つこと、健康に気を使うことはいいことですが、体調は常に変化するものです。少しくらいの不調は、一時的であれば心配はいりません。それよりあまりに「完璧な健康」を目指すあまり、健康法から外れた生活習慣を厳密に制限すると、かえってそれがストレスになり、結果的に逆効果になることもあり得ます。完璧な健康などないと、いい意味であきらめ、気楽に楽しく暮らすことが、一番の長生きの秘訣なのかも知れません。

これらは、ある意味で現代的な生活スタイルとは相反するものかも知れません。しかし、一説によれば、現代の老人が長生きなのは、体を使ってよく働き、粗食だが自然のものを食べ、環境汚染の少ない、自然環境の残っていた時代に育ったからだと言われています(もちろん、寿命が延びたのは、乳幼児の死亡率が大幅に低下したことが大きな要因です。それと戦争で亡くなる人が過去60年間に日本ではいなかったことも関係しています)

一朝一夕に今の生活習慣を変えることは無理かも知れませんが、上記のことを、折に触れて心がけることが健康で長生きするためには、大切ではないでしょうか?

すぐできる免疫力アップ法

足湯で免疫力アップ

病気に罹るのは、免疫力が落ちているからと言っても過言ではないようです。今の日本では、病気での死亡者の三人に一人が癌患者となっています。ちょっと前までは不治の病と言われた癌でさえ、免疫力が正常に働いていれば、発病することはないようです。

癌細胞自体は、健康な人でも毎日体内で発生していますが、それを殺すキラー細胞など(免疫機構)がちゃんと働いていれば発病には至らないと言われています。

日常的に簡単にできる免疫力アップの方法としては、薬指以外の指の爪の付け根を、人差指と親指で少し痛いくらいに挟むという方法で爪もみ療法と呼ばれています。

食物としては、バナナ、それも黒ずんだバナナは免疫力アップに効果があると言われています。ただ、バナナは熱帯地方の果物なので、体を冷やす作用があり、摂りすぎると胃腸を冷やします。

冷え性だと血行などの循環機能が悪くなるので、その結果として体内に十分な養分が行き渡らなくなったり新陳代謝も悪くなります。

癌細胞は体温が低い方が活性化するので、冷え性の方は要注意です。冷え取りには、40度くらいのぬるめのお湯で足湯をするといいでしょう。

ノロウイルスに感染した話

ノロウイルスで下痢した男

夏場になると、食中毒が増えます。気温が上がると細菌が繁殖しやすくなるからです。冬場にも増えますが、生牡蠣などが冬場が旬のためだと思われます。

僕も何度か食中毒にかかったことがあります。一番最近のは、ノロウイルスの感染でした。泊まったホテルで出された生焼けの牡蠣が原因だったように思います。

下痢、倦怠感、食欲不振などは帰宅後、自覚していたのですが、まさか食中毒とは思っていませんでした。 数日して保健所から、宿泊されたホテルで食中毒が発生したが、体調はどうかとの連絡が入って、原因がわかりました。

ノロウイルスはヒトの小腸粘膜で増殖するウイルスです。(ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は冬場に多く発生する傾向があります。)ノロウイルス自体は、昔からあったそうです。 特に、最近増えてきているわけではなさそうです。 感染しても免疫力が強い人は、症状は出ないそうです。これは他の感染症でも同様だそうです。 今の流行は、昔に比べて、免疫力が落ちている人が増えたためと言う専門家もいます。 衛生状態が悪くなったから、流行しているわけでも無さそうです。

大腸菌が不潔な状態の代名詞のように報道されることが多いせいか、大腸菌が無い状態がいいと思われていますが、腸内に大腸菌が適度にいるおかげで、悪性の細菌の繁殖を抑えている面があるようです。 病原菌大腸菌O157が有名ですが、良性?の大腸菌の減少で、病原菌大腸菌が繁殖しやすくなっているのだそうです。

睡眠は健康の鍵です!

睡眠不足最近実感することは、睡眠が健康回復と健康維持の鍵を握っているということです。夜更かしして睡眠不足が続くと、僕の場合は体が何となくだるく重くなり、切れが無くなり、風邪を引きやすくなります。

睡眠不足は翌日に頭痛や倦怠感を引き起こし、日常生活に支障を来すだけではありません。労働者の生産性を低下させ、死亡リスクを高めます。1日の睡眠時間が平均6時間を下回る人は、7〜9時間の人に比べて、死亡リスクが13%高くなるそうです。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、20歳以上の男女で1日の平均睡眠時間が6時間未満の人の割合は2015年に39.5%になったそうです。フルタイムの正社員調査で睡眠時間が「足りていない、どちらかと言えば足りていない」と回答した人は4割を超えています。理由は「残業時間が長いため」が最多です。

整体師として患者さんに睡眠時間をお聞きしますが、通院されてる体調不良を抱えた方々の過半数以上は、睡眠時間が短い傾向がはっきり出ています。

不眠に悩む人は結構多い。10%~15%の人は慢性的な不眠に悩んでいるとも。カンタンにできる不眠解消対策の一つは、寝室を遮光効果の高いカーテンに変えることです。光や音は、睡眠を妨害します。光や音があると脳は活動開始するそうです。替えられない場合は、アイマスクが有効です。

快眠のためには、カフェインは午後3時を過ぎたらとらないことです。カフェインの覚醒効果はかなり長く続くそうです。寝る前にとらないだけでは不十分です。

快眠のためには、寝る前2時間以内に飲んでよい水分はコップ一杯といわれています。

アルコールは体から抜けるのが比較的早く、離脱症状が生じ、それが不安や不眠につながるそうです。酒を飲みたいときは少なくとも寝る2時間前までに、適量を飲むようにしましょう。

不眠症解消のための「刺激コントロール法」というのがあります。布団の中では睡眠以外の行動は避けよということ。「布団の中=睡眠」という意識付けを強化すれば寝つきやすくなります。布団の中では寝る以外のことをしないように。15分以上眠れなかったら布団から出る、眠くなったら戻りましょう。

仕事などの悩みを布団に入っても考えれば、寝つきが悪くなるのは当然です。夜になると思考能力が落ちます。寝る前に考えるのは効率が悪いのです。悩み事や問題が脳裏に浮かんだら、明日やるべきこと、考えることをリストアップしましょう。そしてそれ以上考えないようにすることです。

体内時計を調整するためには、毎日同じスケジュールで過ごすことが重要です。できるだけ休日も同じ時間に寝て起きます。

当然ですが、昼寝をすると夜眠りにくくなります。昼寝は長くても40分程度で起きたほうがいいです。

デスクワークが多い人は、運動不足になりがちです。体が疲れれば自然に眠くなります。運動の時間がないなら、職場や自宅の最寄り駅の一つ手前の駅で降りて歩く、エレベータやエスカレーターを使わず階段で昇り降りするなど、日常生活の中に体を動かす機会を作りましょう。

静かな寝室、寝心地のいい布団や枕は、安眠のためには大切です。硬すぎたり、柔らかすぎたり、冬場に寒い布団や夏場に暑い寝具は、快適なものに替えましょう。

8時までに起きて太陽の陽射しを浴びましょう。こうすることで体内時計がリセットされ、脳と体が覚醒し、一日の始まりを体が感じて生活リズムが整ってきます。日中に活動して、夜になると眠くなる。このリズムができれば、快眠できます。

携帯電話やスマホ、パソコンに含まれているブルーライトは、眠りのホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を制御してしまうと言われています。寝る前はこれらの使用は控えるようにしましょう。

ハーブティーには様々な効能が期待できますが、リラックス効果のあるものを飲むと安眠に繋がると言われています。寝る前のティータイムに取り入れてみては?

脳内物質のセロトニンは、眠りのホルモンと呼ばれるメラトニンへと変化します。セロトニン不足はうつ病の原因にもなります。うつと不眠の関連が深い理由です。セロトニンは日常生活を工夫することで分泌を増やせます。セロトニンを増やす生活スタイルで、メラトニンも増え、快眠できるようになります。

日常生活の中でセロトニンを増やすためには、
(1)ウォーキングやリズム運動をする。
(2)朝日を浴びる。日光浴をする。
(3)セロトニンを作る栄養素を含んだ食品を食べる。

セロトニンの材料は、アミノ酸の一種であるトリプトファンという物質。トリプトファンは食品のタンパク質に含まれています。トリプトファンを多く含む食品は、肉類、魚類、豆類(納豆、豆腐なども)、乳製品(チーズは特に多い)、主食類(米よりそばやパスタに多い)、アーモンド、油揚げ等。

入浴は体温のリズムと深い関係があり、体温が下がるときに眠りにつきやすくなります。それは表面の温度ではなく、体の中心の温度、深部体温のことです。深部体温の温度差を作ることが、快眠へつながります。

深部体温の温度差を作るためには、一度体温を上げる必要があります。入浴はその方法のひとつです。入浴しなくても、人間にはもともと、日中に深部体温を上げて、就寝時には下げるというリズムを持っていますが、入浴がにそのリズムを助けてくれます。

入浴すると心身共にリラックスできるところも不眠の改善に効果的です。裸でお風呂に入ると解放感が味わえ、体が気持ちよくなります。1日1回は、心身ともに解放感を味わうことは、快眠のためにも大切なことです。

不眠症改善に適した入浴の際のポイント

入浴

(1)湯船に浸かる。夏場は、シャワーだけで済ませてしまいがちですが、シャワーでは深部体温は上がりません。必ず、湯船にゆっくりと浸かることです。時間がない時は、弱めの水圧で後頭部や首、肩などにシャワーを当て、リラックス効果を高めましょう。

(2)入浴は、就寝の1~2時間前に済ませましょう。入浴で深部体温が上がってから下がるまでに少し時間がかかるからです。寝る直前だと、体温が高いので、寝つきにくくなります。

(3)38~40度のぬるめのお湯で入浴しましょう。42度以上の熱いお湯は、自律神経が高まり活動的になり、体温が上がりすぎて、深部体温が下がるのに時間がかかってしまいます。少しぬるいと感じる程度がいいです。ぬるめのお湯は、副交感神経を高め、心身共にリラックスできます。

(4)入浴には、最低でも20~30分はかけましょう。長い時間浸かればよいというわけではありませんが、短すぎてもあまり効果が得られません。20~30分くらいを目安に湯船に浸かれば、快眠効果が高まります。

イメージで機能回復!

最も容易で安全・確実な機能回復法をご紹介します!

例として、イメージで体の柔軟性を高める方法で説明します。イメージによって体が実際に変化することを確かめてください。

1)直立し踵を揃えるて、上体を倒し、手(指先)がどれくらいまで床に着くか確認してから直立の姿勢に戻る。(例としては、指先が床にようやく着く程度だったと仮定する)

2)目を閉じて、ゆっくりと上体を倒し、掌(手の平)などが床にべったり着いているイメージをする。そのときの体の感覚と掌が着いているイメージを明確に浮かべること。

3)目を開けて(閉じたままでもよい)、上体を前に倒していく。

上手にイメージと体の感覚を思い浮かべることができていれば、掌は実際に床に着きます。

動かすときの呼吸は呼気(息を吐きながら)です。

応用としては、クライアント(患者さん)に、施術前に理想の体の動きをイメージしてもらってから施術すると、効果が高まります。

これは私が施術で大切にしていることの一つです。整体師がクライアントさんの改善をイメージすることも、大切だと考えています。

結果よりプロセスを大切に

長年の生活の中で崩したり歪んだ体調は、薬や整体やサプリメントですぐに治るというわけにはいきません。心身に悪い生活習慣というプロセスがあって、体調不良という結果があるわけなので、根本的な原因である生活習慣などを変えなくては、改善・回復しても一時的になるリスクは高いです。

手っ取り早く結果だけを欲しても、変化するには時間がかかることが多いものです。体も自然の一部ですから、何か必要なことをすれば確実に望む結果が出るとは限りません。

人生にも確実なこと=結果はないと考えます。確実なのはいずれ皆死ぬということだけです。いわば人生とはプロセスですから、どんな状況でもそれを楽しんでやれという位の気持ちが、生きることを楽にするコツだと思います。

環境を変えれば病気は治る?!

若い頃、長期間、海外を放浪してたことがあるので、しばらく海外に出てないと「ああ、海外に行きたい」と感じることがあります。

旅といえば、重い病気や慢性化した疾患を抱えている人は、思い切って環境を変えると病気が劇的に改善したり回復することがあるそうです。その意味でも旅はいいと思います。それも全く言葉の通じない、片言の英語すら通じないほど環境や文化が違う国だと、さらに効果的のようです。

生活習慣や習慣を形成している心の在りようも含めて、生活習慣病や慢性疾患を根本から回復させるには、生活を変える必要があります。生活習慣に原因がある不調が、生活改善や変化をしないで回復すると言うのは無理があります。薬や手術は対症療法に過ぎません。症状や病変部位を削除するだけですから。

体力が無いと風邪もひけない

この数年、風邪を引きやすくなった気がします。ちょっと冷気に当たっただけで鼻水やくしゃみが出たりします。疲れが溜まっているせいかも知れませんが、小まめに風邪などで体を調整しているという説もあります。

何年間も風邪すらひいてないという人は、逆に注意した方がいい場合があります。過労死や癌などと診断された人で、そういう人は多いような気がするからです。体調不良を感じられなくなっているから、かなり進んでからでないと表に出ないという観方もできるからです。

風邪をひく(体が風邪の症状を出す)には、ある程度の体力がないとひけないようです。私の父は肺がんで死にましたが、死の1~2年ほど前から、「お父さんは風邪ひとつひかないね」と言われていたのを思い出します。

あなたはだんだん健康になる

●いま、あなたは、私のブログを読んでいます。このブログを読むにつれて身体への意識が高まってきます。

●あなたは、私のブログを読んでいます。だから、新しい健康法をカンタンに学べるのです。

●身体の機能を知ることは、自分を理解することを意味します。

●今、日本人が抱えている健康問題を知っていますか?

●皆さんは、私の整体が、どれくらい効果があるか、気になると思います。

●あなたは、整体を受けて健康回復することに、興味がありますか?

●整体で健康回復するかは、まだ考えなくていいのです。

●私と合うかどうかは、まだ考えなくてもいいのです。

●私の施術を受けるにつれて、身体が楽になってくるかも知れません。

●私は安全な手技と安心感のある施術を通じて、お客様の体と心の健康を促進する、整体療法師です。

●私の社会的使命は、クライアント様の心身の健康を促進し、幸福になっていただくことです。

●そのために整体療法師としての技術・知識を習得し、経験を積み、人々への思いやりの心を養います。

●毎日の生活でする経験や出会い全てが、より人々にお役に立てる整体療法師になるための糧となります。

●クライアント様との信頼関係が深まり、顧客数が増えると、多くの体調不良の方々が楽になり、私の生活も豊かで充実した幸せなものになります。

食事と運動が大切

今年の猛暑もあり、春から夏にかけて仕事が忙しかったこともあり、食事は手抜きしてました。朝はパンとコーヒー。昼はカップ麺かレトルトカレー、焼きそば、途中でお腹が空くので、ポテトチップスやチョコレート、夜はスーパーの惣菜か弁当。あまり料理しませんでした。

夏ごろから体調が落ちてきたのを感じてましたが、猛暑のせいだと思ってました。でも、暑さと忙しさもあって、一歩も外に出ない日が珍しくなく、運動不足で食事の質がかなり落ちていたことに気づきました。

メタボ検診の結果が郵送されてたのを偶然発見して、思いのほか数値が悪かったので、原因はやはり生活習慣にあると気づきました。それで今は基本的には自炊、それも油をあまり使わない和食系にして、散歩程度ですが、毎日運動することにしました。

生活改善を始めてから3週間近く経ちましたが、体調が良くなってきたのを実感しています。体が軽くなりもっと動きたいと思うようになりました。夏場はしんどさをがまんして仕事してた時もありますが、今はもっと働きたい気分です。

やはり健康維持には、食事と運動が大切だと実感しています。