発熱の意味

発熱は体の防衛反応

熱が出た子供

体は発熱することで、不要な物質や細胞を焼却し排出するします。熱はウイルスや細菌が直接的原因で出るわけではありません。これらの病原体を攻撃し死滅させ排出するために体が反応し、その結果として発熱するわけです。熱は体の防御反応なのです。

したがって熱だけを下げようとすることに意味が無いだけでなく、体がばい菌やウイルスと戦いにくい状態を作り出してしまうことにつながります。ばい菌やウイルスは体温が上がると増殖する速度が鈍るといわれています。

また、体がばい菌などと戦うためには、体温が高い方が有利です。白血球の働きが強まり、ばい菌を食べる力が高まるからです。

解熱剤の効果とリスク

解熱剤

発熱で最も一般的な病気(症状)は風邪です。風邪をひき熱が出たり咳きや鼻水など他の症状が出ると、解熱剤の入った風邪薬(症状を抑える薬)を飲むことが治療だと思われていますが、実は、発熱することで体内に侵入したウイルスの増殖を抑制し、風邪のウイルスを無力化する抗体が体で作られることが最近の研究でわかってきました。発熱が生体防御の第一線を担っているわけです。

したがって、解熱剤で風邪の発熱を無理に下げることは、自然な治癒力を損なっていることになります。解熱効果の高い風邪薬など、特に風邪の初期に服用することは、発熱による初期の防衛力を弱めるため、風邪の治癒を遅くする結果になる場合が多いようです。

解熱剤は発熱や発熱に伴って現れる、倦怠感、頭痛、体のさまざまな部分の痛みなどの不快感を和らげる作用もありますが、39度以下の熱なら、それほど心配することはないと思います。どうしても使いたい場合は、熱が上がりきったときに使った方が効果的です。ただし、39度以上の熱が4日以上続くようなら、医師の診断を仰いだ方がいいでしょう。

低体温の人は回復が遅い

平熱が36度以下の低体温症の人は、免疫細胞がウイルスや細菌と戦える温度にまで体温が上昇するのに時間がかかります。また、熱の感じ方や体力の消耗も大きくなるため、回復に時間がかかることが多いようです。
す。

熱が出たときの正しい対処法

発熱の原因が細菌感染(注1)などの場合、ある程度体温の高さと症状の重さに相関関係はあります。つまり体温が高いほど重症である可能性があるということです。

しかし、風邪などの場合はその原因はウイルス(注2)です。ウイルスの場合、例えば突発性発疹やインフルエンザなどのように、症状の軽重に関わらず、一律に高熱が出るものもあります。だから、必ずしも高熱だから重症とは言えない場合があるので、衰弱が激しいか、体力があるかなど、全身の状態で判断することが必要です。ちなみに、41度以下なら高熱で脳がダメージを受けるということはないようです。

*注1 細菌とは単細胞で核膜で核を持たない原核生物であり、分裂をすることにより単独で増殖していきます。すべての細菌が有害というわけではなく、人と共生している大腸菌や乳酸菌のような有用な細菌もあります。

*注2 細胞は生物の基本単位ですが、ウイルスには細胞はありません。そのため、ウイルスは自力で増殖できないため、生物の細胞に寄生することによって増殖していきます。

*参考文献:『いのちの輝き』 ロバート・C・フルフォード&ジーン・ストーン著 上野圭一訳

発熱は回復に必要なプロセス

熱が病気を撃退する

(野口)整体の世界では「発熱を許容せよ」ということが 昔から言われています。病気になって熱が出るのは回復のために必要なので、 いいことだというわけです。

解熱剤など飲んで、発熱を抑えたり、下げたりすると、 病気が長引き、回復が遅れます。これは現代医学でもわかってきていることです。

白血球の中にマクロファージというのがいます。これは、細菌、ウイルス、がん細胞などの異物を食べ てくれるのです。マクロファージは、食べた異物の情報をヘルパーT細胞 に伝達する役割もあります。

マクロファージが活性化すると、他の白血球の攻撃力を高める物質を分泌します。この物質のなかのひとつが、 脳の視床下部にある発熱中枢に作用して発熱するのです。

体温が1度上がると免疫力が25%高まるとも言われています。発熱は免疫力を高めるための生体防御反応なのです。体温が低いと、ウイルスや細菌、がん細胞などと戦う力が乏しく、体内で有害菌や悪玉菌が繁殖しやすくなり、 感染症を起こしやすくなったり、些細な病気でも長引いたりします。

私の父は肺がんで死にましたが、危篤状態になり病院に行ったときには、既に意識はありませんでした。しかし呼吸は比較的安定しており、一時でもいいから意識を戻したい一心で、指の爪を両側から強く揉み始めました。

考えてやったわけではありませんが、なんらかの刺激を与えれば、機能や意識が多少なりとも活性化されるのではないかとは、漠然と思っていました。(後で知りましたが、これは新潟の福田医師が考案した免疫力を高める爪もみ療法でした。)

その数分後、意識は戻らないものの、父は体を少し動かし、うめき声のようなものを洩らしました。しばらくして看護師が来て、熱を計りに来て、「発熱してますね」というが早いが、氷嚢で額と胸を冷やし始めたのです。危篤状態の病人が多少発熱したからといって、風邪でもひいて寝ている病人にするように、ただ体の冷やすというパターン化した処置に疑問を感じましたが、専門家のすることなので、口を出せずにいましたが、その直後に、父の容態は急変したのです。

呼吸が荒くなり、不規則になったのです。弟もその処置が原因だと気づいたようで、氷嚢を払いのけましたが、間もなく父は逝ってしまいました。

発熱は免疫力を高めるための生体防御反応なのです。 体温が低いと、ウイルスや細菌、がん細胞などと戦う力が乏しくなり、体内で有害菌や悪玉菌が繁殖しやすくなり、感染症を起こしやすくなったり、些細な病気でも長引いたりするのです。

そんな医学的なことはわからなくても、発熱するということは、まだ生命力が残っているということです。それを強制的に、しかも瀕死の状態の人間に対して、下げるということは、死期を早める効果以外の何ものでもないと実感しました。

このことがひとつのきっかけになり、以前はかなり期待と信頼感を持っていた現代医療と西洋医学に疑問を持つようになりました。それが現在の整体師という仕事に結びついています。今の自分なら、多少は父の死期を遅らせることができたのではないかという思いもあります。

それが私に体をまかせてみようと思い来院される患者さんに対する整体施術の動機付け、原動力になっていると感じることがあります。

整体で平熱が上がることも!

私の整体院の常連のお客様(女性)から「平熱が上がったんです!」と言われたことがあります。冬場の寒い時期でした。

「昨年までは、冬場は寒くて、防寒をしっかりしてないといられなかったのが、今年は寒さをあまり感じないんです!」

それで、「血流が良くなったのでしょうね」と応えたら、「平熱が上がったんです。36.2度だったのが、36.7度になりました!」とのことでした。

体温が、0.5度も持続的に上がるなんて、凄いことだと思います。血流が良くなり、代謝も良くなったことでしょう。体調もいいそうです。

平熱が35度台だと、免疫力が落ち、病気に罹りやすくなるといいます。子供の平熱が高めなのは、やはり生命力が旺盛で元気だからでしょう。

防寒着や暖房で体を外側から温めることも、寒さが厳しいときは必要ですが、血流を良くするなどして、体の内側から自発的に温めることのほうが、健康増進・維持には大切です。

自律神経は内部機能を制御する

自律神経は生命維持装置

自律神経系

自律神経は意思に関係なく独立して働き、消化・呼吸・発汗・新陳代謝などの機能を制御し、血圧を調整することで体内環境機能を一定に保ち生命を維持する、重要な働きを担っています。

神経伝達は体調を左右する

神経系解剖図

全身にはりめぐらされている神経は、脳からの指令を体の各部分に伝え、体が受けた刺激や体の状態を脳に伝える重要な器官です。その中心は、背骨の中を通っている神経です。

この神経の流れがスムーズであれば、心臓、肺、胃、肝臓、腸、腎臓や血管、筋肉などが、順調に働き健康を維持できるのです。

神経の流れが滞ると、脳からの指令が臓器にスムーズに伝わらなくなり、体からの情報も脳に伝わらなくなります。

その結果、臓器の働きが鈍り、体の状態に的確に反応できなくなり、筋肉の凝りや痛み、めまい、冷え、不眠などの不快症状が現れます。これらは体の異常を伝える警告なのです。

神経のつまりを取って、自然治癒力(体に備わっている病気を治す力)を活発にすれば、臓器の働きが良くなり、たいていの病気は自然に快復していきます。当院の整体なら、それが可能です。

自律神経の仕組み

知覚(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚など)や運動神経(体を動かすときに使う神経)と違い、自律神経は私たちの意識や思考と関係なく独立して自動的・自律的に働いています。

自律神経が働いているから、意識しなくても呼吸をしたり、食べたものを消化するため胃を動かしたり、体温を維持するため汗をかいたりすることができるのです。

自律神経には、交感神経(活動するための神経)と副交感神経(休むための神経)があります。この二つは、一つの器官に対して必要に応じて自動的に切り替わるようにして働いています。

交感神経は、身体活動や恐怖などストレスの多い状況に対処する為に必要な反応とエネルギーを供給する役割を果たしています。ストレスに対応して交感神経は血圧と心拍数を上昇させ、胃腸・腎臓・皮膚への血流量を減らし、骨格筋への血液供給量を増やします。

体を休ませ体力を回復し、新たなエネルギーを獲得するときに働くのが副交感神経です。心拍と血圧を下げて、皮膚と胃腸への血液を増やし、瞳孔と細気管支を収縮させて、唾液腺分泌を刺激して、消化器官の動きを活発にします。 副交感神経系は体力回復と省エネルギー化に向けて活動します。

体内環境を一定に保つ

全身のほとんどの器官は交感神経と副交感神経両方の支配を受け、二つの神経系がバランス良く働くことで適正に保たれています。呼吸・血液循環・消化吸収・排泄・生殖・内分泌などのシステムを調整し、生命維持に必要な体内循環を整えるのが自律神経の役割です。

体温調節とホルモン分泌の役割も

人など哺乳類の体温は、外部の気温に関係なく、常に一定に保たれています。もし、体温が外部環境によって変わってしまえば、体内の代謝活動に影響が出るので、生命維持活動に支障が出てきます。自律神経は、体温調節でも重要な働きをしているのです。

自律神経はホルモン分泌とも密接に関係

大脳の視床下部が、自律神経系(交感神経と副交感神経)をコントロールしています。

視床下部に近接している脳下垂体では、様々なホルモンを分泌しています。視床下部はこの脳下垂体もコントロールしているので、視床下部がホルモンの影響を受けることもあります。ホルモンの変化のリズムが自律神経の働きにも影響を及ぼすのです。

ホルモンのバランスが不安定になると、それにつられて自律神経のバランスも不安定になってしまいます。

女性に自律神経失調症が多くみられるのは、排卵・月経・妊娠・更年期等の性周期によって、女性ホルモンのバランスが変動するからです。

免疫の調整とも関係

自己免疫力が高い状態の時は、体調が良く、病気に罹りにくい状態です。罹ってもすぐに自然治癒します。

自己免疫力の高い状態というのは、白血球の顆粒球とリンパ球のバランスが保たれている状態です。顆粒球とリンパ球のバランスと保っているのは自律神経です。

ストレス(過労、心の悩み、薬の長期使用など)がかかると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経優位の状態が続きます。

ストレス刺激→交感神経の緊張→顆粒球の増加→リンパ球の減少→自己免疫力の低下

自己免疫が低下すれば病気に罹りやすくなります。ストレスは万病の元といわれるのは、このような理由からです。

病気になるのは、自律神経のバランスが崩れたときです。交感神経が過度に緊張した状態や、副交感神経優位の状態が長期間続くと発病のリスクが高まります。

自律神経が正常に機能するには、交感神経と副交感神経のバランスが大切です。これらがバランス良く働いていれば、自然治癒力が高まり、病気にかかりにくい抵抗力のある体を維持できます。

自律神経失調症

自律神経失調症の女性

叔母が耳鳴りで病院を受診したときのことです。検査の結果は異常無し。耳の機能的障害が原因ではなかったようです。医者も何か治療をしなくてはと思ったのかどうか、数日入院して点滴を打ってもらったそうですが、耳鳴りは治まりませんでした。

その話を母から聞いて、これは自律神経失調症ではないかと思いました。叔母は寝つきが悪く、就寝するのは午前2時過ぎとのこと。性格もゆったりしているのとは正反対のせっかちでテンションが高い人です。

自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあります。この二つの神経が必要に応じて切り替わり、バランスよく機能すれば心も体も快適なのですが、 こ自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。ほとんどの場合、自律神経自体の障害ではなく、ストレスなどによって、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるのが原因です。

二つの神経が必要に応じて切り替わり、バランスよく機能すれば心も体も快適なのですが、 こ自律神経がうまく機能しなくなった状態が、自律神経失調症です。

この病気は、慢性的な不調があっても、病院での検査では異常無しと診断されることが多いのが特徴です。

症状としては…

・疲労感
・汗がたくさんでる
・眠れない、目眩がする
・目が疲れる、涙目、目が開かない
・食欲が無い
・腹が鳴る
・口の中が渇く、痛い
・微熱が続く
・肩こりがひどい
・頭痛が消えない
・体がふらふらする
・耳鳴り
・生理不順
・インポテンツ
・頻尿・残尿感・尿が出にくい
・下痢や便秘が続く
・安静にしていても動悸や息苦しさがある
・喉に異物感がある
・イライラや不安感がある

などさまざまなカタチで現れます。

科学的根拠より治療効果

医療現場では、治療方法の是非を問う基準として、科学(医学)的根拠の有無と重視しますが、良い治療かどうかの判断基準は、患者さんが回復したかどうかで判断されるべきだと考えています。

結果がいい治療法が科学的根拠があるかどうかは、患者さんにとっては二の次のはずです。科学的根拠は確かだが、治療効果があまり無い「治療」など、意味がありません。少なくとも患者にとってはそうです。

医学的根拠があり、整合性がある治療法で効果が無いものより、医学的な証明はされてなくても、効果がある治療のほうが優れているということです。

現代医学の水準で身体の全ての機能が解明されたわけではありません。現時点で医学的に証明や説明ができなくても、効果的な治療法は沢山あるようです。

診断学は医学的根拠が必要不可欠ですが、病院での医療行為でも、医学的な証明がされているものだけとは限りません。詳しいことはわからなくても、治療効果が高いから使っているということもあるわけです。

現時点での医学の水準で説明できないからといって、説明できないから効果がないとは言えないのは理解できると思います。

現代医学で治療効果が高いのは、怪我をしたときの救命救急処置とそのための外科的処置(手術)です。それ以外では先天的な器質的異常の場合にも、現代医療は高い治療効果を発揮することがあります。診断も現代医学の得意分野です。

逆に慢性疾患の場合は、治療効果が低く、対症療法として薬を用いるだけで、根本的に治せない症状や病気が多いのが事実です。

慢性疾患に関しては、代替療法に効果的なものがありますが、医学的に証明できないからと評価されてないことが多いようです。整体などの手技療法の中にも治療効果が優れたものがありますが、医学的証明を求めるため、まともな評価ができないというのが実態のようです。

整体をしていて思うことは、医学的な証明があることと、臨床で実際に効果があることは別ものということです。医学的裏づけができなくても(現時点では)、効果のある療法は沢山ありますし、今の医療で認められている治療法が、必ずしも効果があるとはいえません。

身体はブラックボックス

ヨガの逆立ち

整体をしていて、身体はブラックボックスだと思うことがあります。身体や医学の知識と施術経験がまだ十分でないせいもありますが、世界最高の医学的、生物学的な知見を持ってしても、人体の仕組みが全てわかっているわけではありません。かなりわかっているように見えても、次々に今まで知られてなかった身体の仕組みが発見されています。

だから技術的な身体機能調整を積み上げていくだけの施術では、対処できない不調があるのは当然のことだと思います。

整体の手技と身体状況と効果の因果関係は説明できなくても、うまくいく施術はあります。技術的には高度でなくても、医学的知識が十分でなくても、身体の調整がうまい施術家はいます。これはブラックボックスである体と、施術家や施術環境との良好な関係づくりが上手な施術家です。

現代医学は目に見えるもの、触れるもの、因果関係が理性で理解できる体系だけで成り立っていると思いますが、それで対処(治癒)できる不調や病気は、物理的因果律で解明されているものに限定されるはずです。

実際現代医学で治療できない不調や病気はまだまだありますが、医学で何でも治せるという医学信仰があるからそれが見えづらいのでしょう。

科学で証明できないことも多い

我々は人としての感覚器官の能力で、外界からの情報(刺激)を受け取って、脳で情報処理した結果としての世界を認識しています。

人の感覚器官で感知できる外界の情報は、ごく限られたものです。感覚器官で認知できる世界が全てと思うと、世界の真実はわかりません。

人の感覚器官の認知力を考えれば、科学で証明できることは、ごく限られた現象だけだと思います。しかも今の科学の水準が全てではありません。

科学で証明できないことでも、実際に存在することは、沢山あるはずです。病気と環境汚染などの因果関係や治療法と病気回復の因果関係なども、「科学的(医学的)には証明されてないから…」と否定されることは珍しくありません。特に常識的な判断ではあり得ないことは、よほど厳密な実験をして証明されない限りは、あるいは、被害が拡大して、常識的に観ても因果関係を否定しきれない場合以外は、否定されます。

人間の体は複雑で精密にできていて、神秘的ですらあります。でも、肉体という物質に基盤をおくのが身体である以上、限界はあります。感覚器官も同様です。五感に基づいて外界を察知し判断し世界像を組み立てる方法では、宇宙の全てを感知したり認識することは叶いません。

科学が進歩したといわれる今の時代でも、まだまだわからないことが山ほどあり、100年後の人々が観たら、馬鹿馬鹿しいと思うことを、常識だと科学的だと信じている可能性も充分にあるはずです。

手技療法の継承には治療効果の裏づけ

整体と民間療法

施術(治療)効果が無ければ、患者さんに整体を受けた後で楽になったと言われなければ、整体(手技療法)は生き残ることはありません。整体が継承されているということは、効果がある証です。

でも、名人、達人と言われるような特別な能力を持った人でなければ、「整体」(手技療法など)が習得できないとすれば、今以上に整体が世間に広く普及することはないでしょう。そのような名人芸にしておきたいプロもいるようですが、それでは、その恩恵を受ける人は限られ、いずれ忘れ去られていくことでしょう。

整体など民間手技療法の大部分は、我が国では国家資格として認知されてないため、実にいろいろな手技療法が存在しています。養成機関としては大小様々な団体がありますが、その多くは、創始者と呼ばれる先生が、商業主義的運営を行なっていて、1日当たり5万円以上もする講習もあります。

手技療法の世界を知るようになって気づいたことは、自分が独自に考案したと主張している手技療法でも、元になる方法が必ずといっていいほどあることです。中には名前も方法も全く同じ手技を独自のものだと言っていることすらあります。

影響を受けるのは良いことですし、私が慣れ親しんだ美術の世界でも、最初は好きな画家の模倣からはじまるの一般的です。画家の多くは影響を受けた作家を公言し恥じたりしません。しかしなぜか整体など手技療法の創始者と呼ばれる人たちのかなりの部分は、自分の手技の来歴を明らかにしたがりません。

独自の方法だと主張しないと、商業的に優位に立てないと考えることと、自分の才能を実際以上に誇示したいからでしょう。でも、背景にあるもっと歴史ある大先輩の方法論を知っている人たちから観れば、創始者などと言っても、手技療法を儲けの手段として使っているだけに見えることもあるようです。

整体などがその潜在的可能性と実際の卓越した効果の割りに、世間的評価が低く、認知度が低いままなのは、一つは医学的な根拠の証明が難しいこともありますが、自分の儲けを最優先にしている、自称「創始者」たちの存在があると言ったら言い過ぎでしょうか?

整体などを医療に準じる方法論と捉えたら、儲け最優先の営業などできないでしょうが、整体が社会に広まることは確かだと思います。私の営業姿勢は、貧乏はしたくないですが、整体を通じてもっと多くの方々に健康になって欲しいというものです。

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広2

●ブログランキングに参加してます。下記のバナーかリンクをクリックしてもらうと、ブログを書くモチベーションが上がりますので、よろしくお願いします♪

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 体の悩みへ
にほんブログ村