定期的な施術で健康維持

生まれつきの体質や性格は基本的には変えることはできません。誰でも体に弱点を抱えています。仕事や家事や学校などで体に無理をかけると、生活が不規則になると、生まれ持った体の弱点の部分に不調が出てきます。

体が整い不調と歪みが無くなっても、心身に負担の多い元の生活のままでは、不調は再発します。ご自分で生活改善をして体のメンテナンスができるよう、自己療法と生活習慣の改善点をアドバイスします。

多忙で生活に余裕がないなど、自分では健康維持のためのケアが難しいという方には、定期的に整体を受けることをお勧めしてます。ちょっとした不調、疲れのうちに解消しておけば、月に1回程度でも、体を整えておけば、重大な病気には成りにくくなりますし、何より生活が楽しく快適になり、仕事も家事も勉強も能率がアップします。

生活環境が厳しい現代の生活では、多少の不調や体の不具合、きつさは当たり前と思われています。そんな生活に耐えていたら、いずれ大きな病気に罹り病院のお世話になることでしょう。多少時間とお金がかかっても、体を整えておけば、毎日が楽しく将来の医療費の節約につながります。

整体の目的

ヒロ自然療法院に整体を受けに来る人のほとんどは、どこかしら体が歪んでいます。左右のバランスが違うのです。といっても、マネキン人形のような、または骨格模型のような、 左右対称で均整の取れた完璧なバランスの体の人は、 生身の人間にはいないはずですが…

生きるということは、ストレスを受けるということでもあります。全くストレスがない状態でも、生物はおかしくなるようです。 だから、適度なストレスは生きていく上で必要なのです。 問題は、過剰なストレスを受けた場合です。

体の使い方が悪いから、姿勢が悪いから体が歪むという考え方があります。それは確かだと思いますが、常に完璧なバランスを保って体を使い、 正しい姿勢を保ちながら生活することは、ほぼ不可能といえます。 無理な姿勢、無理な体の使い方をしなければならないときも、 仕事をしていれば、発生するのが普通です。

その歪みをリセットし疲労回復するために、休息し睡眠を取る必要があるわけです。 食事で栄養補給するのも、活動のためのエネルギー補給の他に、 体の機能を正常に保つために体内の必要成分を補給し、不要になったものを排泄する役割もあるような気がします。

病気になるのは、筋肉や骨格、内臓、循環機能、ホルモンなどの総合的なバランスが崩れた状態が続いた結果だと考えています。 筋肉、骨格だけでなく、体の機能のバランスが乱れれば、 体型は歪みを生じるはずです。

体の機能を司っているのは、自律神経だから、病気の人は 自律神経のバランスが乱れているということになります。

例外はありますが、たいていの病気は、交感神経が優位に立った 緊張状態が続いている状態だといいます。 その結果、血管の収縮、血圧の上昇、白血球の顆粒球の増加
(顆粒球は、異物を撃退する働きがあります。その結果、活性酸素を撒き散らし、 それが長期間続けば体内器官の損傷を招きます)。 筋肉も当然緊張状態になります。

施術の途中でうとうとする人、かるくいびきをかく人も結構います。整体の効果があがっている人は、ほとんどの場合、 体がリラックスしていると感じます。 この状態は副交感神経優位の状態で、免疫力も高くなっています。

実際に不調のある人を施術していきながら、医者や整体師、 治療家の著書を読んで勉強するうちに、我々がやっている 施術の意味は、身体の総合的なバランスと調整することではないかと思うようになりました。

身体と心のバランスが良い状態は、免疫力が高く、ストレスを受けてもそうカンタンには病気にならず、病気になっても回復しやすい体です。私の整体の目的は、そこにあります。

整体で改善した症状と様々な体調不良

当院の整体が実際にどんな感じか、どんな症状が改善しているのかご紹介します。

当院の基本方針としては、自分の整体では改善すら難しいと判断した人を、口先だけで改善するからと言って通院させることはない。まったく改善もしないのに通院させるのは詐欺だとさえ思っています。ただし、結果的に顧客が満足する施術ができなかったことはあります。複雑で精巧で神秘的な身体の問題では、完璧にはいかないものです。

顎の痛み、口が開かない、顎がガクガクするなど顎の不調(顎関節症)解消はけっこう実績があります。歯科や口腔外科でも適切な治療ができないケースでも、当院での改善例は少なくないです。全く改善しなかったことは無いし、ほとんどのケースは回復といっていいレベルまでいっています。顎関節に全く触らず回復するケースすらあるので、不思議がられます。

めまいも全く改善しなかったケースはないです。多くは解消と言えるレベルまでいっています。耳鳴りはちょっとやっかいです。解消したケースはありますが、ほとんど改善しなかったこともあります。難聴はもっとやっかいです。改善例はありますが正常に戻ったケースはまだありません。

施術例が増えてきたこともありますが、顔のバランスを整える「整顔術」と小顔施術は、かなり満足度の高い施術ができていると思います。写真で本人にも確認していただいているから改善は確かです。まったく改善しなかったケースはありません。

疲れ目、眼精疲労といえるレベルの症状でも、1回の施術で解消することが多いです。特に目の施術をしなくても、「視界が明るくなった」「物がくっきり見えるようになった」と言われることがあります。

猫背解消もかなり実績があります。女性の場合だと胸が持ち上がり、胸囲が増すので、プロポーションが女性っぽく美しくなりますよ。骨盤を矯正すると、かなりの人がウエストが細くなります。1~2回の施術でズボンがゆるゆるになった女性もいます。

頭痛も全く解消しなかったことはないです。ほとんどのケースで、少なくとも一定期間は完全に解消しています。ただ、精神的ストレスが原因の場合は、それを解消しないと、再発はしますが。

身体の状態が良くなれば、プロポーションや肌のつやや張りもよくなり美しく見えるようになります。女性の顧客が多いのだから、女心を無視して、ただやみくもに症状解消だけに施術の的を絞ることもないと思うようになりました。

女性で最も多い症状である肩こりが改善しなかったことはないです。「気持ち悪いほど首、肩が軽くなった」と言われたことも。腰痛もほとんどのケースで改善はします。日常生活での身体の使い方がそのままだと、慢性化した腰痛の場合は、いずれ再発しますが、一応解消したとい言えるレベルになるケースの方が多いです。

腰痛で回復までもっていけなかったケースは、脊柱間狭窄症や脊椎分離症など、骨が変形し固まっているケースと、本人の生活習慣や身体の使い方、姿勢の問題を、ご自分ではほとんど改善していただけなかったケースだけです。間歇歩行(少し歩くと痛くなり、立ち止まって前かがみになると、また少しは歩けるようになる症状)にまで至った場合は、腰痛軽減レベルまでのケースが少なくないのが実績です。

むち打ち症も解消したケースがほとんどです(症例は少ないが100%)。整形外科、整骨院で解消しなかったケース、改善すらしなかったケースでも、解消しています。

便秘解消だけで来院される方はまだいませんが、他の症状解消とともに、便秘も解消、改善しているケースは少なくないです。

半年に1回程度しか生理が来なかったような重度の生理不順の方でも回復したケースがあります。もっと軽めの不順なら解消例は多いです。生理痛も特にそのための施術をしなくても、身体が整って調子が良くなると解消、軽減しているケースが多いです。

不妊症での来院はないですが、話の流れで「結婚10年以上経つが、子供ができない」と言われた方でも、体調が良くなってきたら、妊娠したケースはいくつかあります。

逆子は臨床例が少ないですが、施術で直した実績はあります。

胃痛、胃弱も解消したケースはいくつかあります。内蔵調整もしてますが、胃潰瘍など診断された場合は、当院にそれで来ることはないですが、施術を重ねていけば、改善はするはずです。

手、足の痛み、違和感、しびれなども解消したケースは少なくないです。

体型を整え体のパフォーマンスを上げる

僕の整体院は、基本的に体調不良の方を対象としています。

「基本的に」と書いたのは、必ずしも体調不良でない人も来られるからです。

では、何の目的で施術を受けに来られるのか?

一言で言えば、体のコンディションを整え、体型を美しくし、身体の機能面でのパフォーマンス(身体の機能、性能、運動効率)を高めるためです。

最初の一人は、趣味で武道やダンス、楽器演奏などをしている人でした。
その頃は、まだ経験が浅かったため、とりたてて体調不良でもないのに、なんで施術を受けに来るのか、あまりよくわかりませんでした。
月に1度程度ですが、半年位、定期的に来院されてました。

なんでも、ダンスや武道をするときに、もっと体が自由に思った通りに動かせるようにしたいとか、体の微妙なバランスの狂いを調整したいということでしたが、当時の僕の理解不足と施術上の力不足もあり、必ずしも彼の期待に応えることができてなかったように思います。

当時の僕にとっては、特に体が辛いわけでもないのに、微妙な違和感の解消を何度も要求してくる彼は、少しうるさいクライアントさんと感じていました。

そんな僕の感じ方を察してか、ある日、いつもより執拗に微調整の要求を繰り返した彼に、つい本音を言ってしまいました。
「うちは体が本当に辛くて来る人を対象にしているので、体のバランスが整い筋肉のコリが取れたらそれで十分だと思っている。体の微妙な調整は、自分でやった方がいいのではないか」という意味のことです。

彼はそれっきり来なくなりましたが、だいぶ経ったある日、彼と同様の要望を持ってきたクライアントさんが来院されました。

その方は、ダンスを教えていて、ご自分でもコンテストなどの出られるプロの方でした。そんな人が、うちのような自宅でやっている治療のための整体院に来るのが不思議な気がしました。

以前の「彼」は、アマチュアだから軽く観ていたとは、自覚はしていませんでしたが、プロのダンサーが来られたときに、なんでだろう?と思いつつも、要望通り、真剣に身体のチューニング(調整)をしている自分に気が付いたときに、「彼」が求めていたものがはっきりと理解できたのと同時に、「彼」を軽く見ていたことにも気づき、力不足を棚に上げての感じ方と対応に、申し訳なく思いました。

施術の腕も確実に上がっていたこともありますが、「彼」のときより確信を持って調整ができ、求められている状態に近いところまで調整できたと思っています。クライアントさんもある程度以上の満足感は得られていたはずです。

右腕が上がりづらいとか、動きが悪いとか、個々にはいろいろありますが、全体を通しての目的は、ダンスをもっと楽にバランス良く踊りたい。全身をバランス良く見せたい。というものでした。

身体の見た目のバランス(の良さ)と、身体能力、機能性の向上は、プロのパフォーマーの場合、直接収入と評価に結びつきます。その意味では、不調からの解放を目的として来院される「患者」さんと、真剣さでは同じなわけです。

彼らによって、整体の施術の意味と目的には、こういうもの(身体性の向上)もあるんだということがわかりました。

不調の原因と施術の説明

施術の説明

整体院に来られる方の中には、症状の原因と治療(施術)の説明をすると安心する人と、原因や施術方法の説明には興味なく、不調(痛み)さえ素早く消えれば説明はどうでもいいという感じの人もいます。僕の印象では、前者は女性に多く、後者は仕事で忙しい男性に多いようです。

今日のお客さん(女性)は、説明で安心し通院のモチベーションが上がるタイプでした。背骨の触診のとき、腰椎4、5番の部分にズボンのゴムがあり、上から押しても全く痛みはないとのことだったので、そこは問題無しと判定しましたが、一通り施術した後でも、違和感はそれほど変わらないと言われました。

最初は遠慮してたのですが、確実に判断するためにズボンを少しめくらせてもらい、下着の上から触診したら、腰椎5番が左に変位し上から押しても痛むことから、前方へも変位していると判断しました。さらに骨盤の縁(腸骨稜)もぐるりと硬くなっていて、腰全体が固まった感じなのがわりました。これをほぐし、腰椎を正しい位置に矯正する必要を感じました。

その通り説明し、次回は腰椎5番の強制をメインに施術しますと伝えたら、見通しができて次に来院するのが楽しみになったと言われました。的確な体調判断と施術の見通しを伝えることは、たとえそれに興味がなくても大切だと感じました。一応でも伝えておけば、何となくは頭に入るだろうし、施術にも良い影響があると思います。

患者さんは全ての症状を施術者に伝えるとは限りません。主訴は必ず言いますが、多少気になる程度の不調は言わないことも多いです。また自分でも自覚してない場合や忘れている場合もあります。例えば、膝が良くない人でも、身体チェックの時に正座してもらうと痛みがわかる場合があります。

患者さんの隠れた、自覚の無い不調を見つけてやるのも整体師の仕事の一つだと思います。その部分を調整してもらうかどうかは、患者さんの判断によるのはもちろんですが。

お客さんが女性の場合、腰椎や骨盤、下腹部、胸の周辺を触る場合は注意しています。でも遠慮しすぎて触診しなかったり施術しなかったり、しても適当だと、施術効果が充分に上がらない場合や、不調箇所を見落とすことがあります。場合によってはズボンを下げてもらったり下着をずらしてもらうことも必要だと思っています。

もちろん腰部や胸部を触るときに着衣をずらす場合には、事前に了解を得る必要がありますが、セクハラと言われるのを心配し過ぎたり、女性に対して失礼という思いが強すぎれば、適切な施術ができない場合はあると考えています。

このような場合の絶対的基準は無いと思っています。基準は患者さんが許可するかしないかだけだと思います。同業者にこの種の話をすると、多くは自己防衛優先の考えを言われますが、不調解消、健康回復を最優先するなら、必要以上の防衛的遠慮や礼儀を施術に持ち込むことは、目的達成にマイナスになると考えています。

全ては一日でも早く、不調、痛みが解消し、健康になっていただくためなのです。

整体とインフォームドコンセント

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントという言葉を聞いたことがあると思います。医療機関で診察のとき使われる言葉です。

その意味は、「医師が患者に対して、治療を開始する前にこれから始める治療内容について「なぜこの治療が必要なのか」「どのくらいの期間がかかるのか」「この治療をする ことによる効果はどういったものか」「治療にかかる費用」等を、わかりやすく説明をし、その上で患者から同意を得ること」です。

病院にはめったに行きませんが、歯科医院には歯石除去のためもあり、たまに行きます。

以前、歯の治療で通っていたとき関心したことがあります。インフォームドコンセントがしっかりしていたからです。止まらない咳や耳鳴りで、耳鼻咽喉科で診察を受けたときは、ろくに症状の原因や治癒の見通しについて説明をしてくれなかったから、よけい印象に残っています。

印象としては、50~60代以上の医師の多くは、昔ながらの治療のやり方なのでしょうが、患者にちゃんと説明する人は少ないようです。

その歯科医は40代半ばくらいでしたが、治療を始める前に、まず、下記の点を説明してくれました。

・現在の状態を検査・診察して、今の状態を説明する。
・治療方針と治療期間、回数を説明し納得してもらう。
・治療中、痛いかどうかたずねる。
・次回の治療日を指定する。
・患者に現時点での体調をたずねる。
・治療の進展状況を説明する。
・料金について説明する。

インフォームドコンセントの模範と言えるほど、適切で完全な説明でした。

一昔前の医者なら、これほど丁寧には説明しませんでした。インフォームド・コンセントの考え方が普及してから医師になった人や、中年の医師でもちゃんと勉強している人は、患者に納得してもらいながら治療を進めるようにしているようです。

歯の治療は、技術が確立していて、治療の見通しが立てやすいので、インフォームドコンセントしやすいのは確かです。生活習慣病の場合は、原因が特定しづらく、治療効果も症状をある程度抑えてコントロールできるくらいなので、インフォームドコンセントしづらい側面があることは確かでしょう。

整体に来られる方も、体の使い方も含めて生活習慣が原因の症状が多いので、何回の施術でどれくらいの期間、回復までかかるとは、確実性を持って言えないケースが多いです。

でも、できる範囲で整体でもインフォームドコンセントをするのは、お金の頂いて治療(施術)している以上、当然のことだとは思っています。

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201
スマホでのご予約はここをタップ

整体の目的

整体の目的

ヒロ自然療法院に整体を受けに来る人のほとんどは、どこかしら体が歪んでいます。左右のバランスが違うのです。といっても、マネキン人形のような、または骨格模型のような、 左右対称で均整の取れた完璧なバランスの体の人は、 生身の人間にはいないはずですが…

生きるということは、ストレスを受けるということでもあります。全くストレスがない状態でも、生物はおかしくなるようです。 だから、適度なストレスは生きていく上で必要なのです。 問題は、過剰なストレスを受けた場合です。

体の使い方が悪いから、姿勢が悪いから体が歪むという考え方があります。それは確かだと思いますが、常に完璧なバランスを保って体を使い、 正しい姿勢を保ちながら生活することは、ほぼ不可能といえます。 無理な姿勢、無理な体の使い方をしなければならないときも、 仕事をしていれば、発生するのが普通です。

その歪みをリセットし疲労回復するために、休息し睡眠を取る必要があるわけです。 食事で栄養補給するのも、活動のためのエネルギー補給の他に、 体の機能を正常に保つために体内の必要成分を補給し、不要になったものを排泄する役割もあるような気がします。

病気になるのは、筋肉や骨格、内臓、循環機能、ホルモンなどの総合的なバランスが崩れた状態が続いた結果だと考えています。 筋肉、骨格だけでなく、体の機能のバランスが乱れれば、 体型は歪みを生じるはずです。

体の機能を司っているのは、自律神経だから、病気の人は 自律神経のバランスが乱れているということになります。

例外はありますが、たいていの病気は、交感神経が優位に立った 緊張状態が続いている状態だといいます。 その結果、血管の収縮、血圧の上昇、白血球の顆粒球の増加
(顆粒球は、異物を撃退する働きがあります。その結果、活性酸素を撒き散らし、 それが長期間続けば体内器官の損傷を招きます)。 筋肉も当然緊張状態になります。

施術の途中でうとうとする人、かるくいびきをかく人も結構います。整体の効果があがっている人は、ほとんどの場合、 体がリラックスしていると感じます。 この状態は副交感神経優位の状態で、免疫力も高くなっています。

実際に不調のある人を施術していきながら、医者や整体師、 治療家の著書を読んで勉強するうちに、我々がやっている 施術の意味は、身体の総合的なバランスと調整することではないかと思うようになりました。

身体と心のバランスが良い状態は、免疫力が高く、ストレスを受けてもそうカンタンには病気にならず、病気になっても回復しやすい体です。私の整体の目的は、そこにあります。

整体で改善した症状

様々な体調不良

当院の整体が実際にどんな感じか、どんな症状が改善しているのかご紹介します。

当院の基本方針としては、自分の整体では改善すら難しいと判断した人を、口先だけで改善するからと言って通院させることはない。まったく改善もしないのに通院させるのは詐欺だとさえ思っています。ただし、結果的に顧客が満足する施術ができなかったことはあります。複雑で精巧で神秘的な身体の問題では、完璧にはいかないものです。

顎の痛み、口が開かない、顎がガクガクするなど顎の不調(顎関節症)解消はけっこう実績があります。歯科や口腔外科でも適切な治療ができないケースでも、当院での改善例は少なくないです。全く改善しなかったことは無いし、ほとんどのケースは回復といっていいレベルまでいっています。顎関節に全く触らず回復するケースすらあるので、不思議がられます。

めまいも全く改善しなかったケースはないです。多くは解消と言えるレベルまでいっています。耳鳴りはちょっとやっかいです。解消したケースはありますが、ほとんど改善しなかったこともあります。難聴はもっとやっかいです。改善例はありますが正常に戻ったケースはまだありません。

施術例が増えてきたこともありますが、顔のバランスを整える「整顔術」と小顔施術は、かなり満足度の高い施術ができていると思います。写真で本人にも確認していただいているから改善は確かです。まったく改善しなかったケースはありません。

疲れ目、眼精疲労といえるレベルの症状でも、1回の施術で解消することが多いです。特に目の施術をしなくても、「視界が明るくなった」「物がくっきり見えるようになった」と言われることがあります。

猫背解消もかなり実績があります。女性の場合だと胸が持ち上がり、胸囲が増すので、プロポーションが女性っぽく美しくなりますよ。骨盤を矯正すると、かなりの人がウエストが細くなります。1~2回の施術でズボンがゆるゆるになった女性もいます。

頭痛も全く解消しなかったことはないです。ほとんどのケースで、少なくとも一定期間は完全に解消しています。ただ、精神的ストレスが原因の場合は、それを解消しないと、再発はしますが。

身体の状態が良くなれば、プロポーションや肌のつやや張りもよくなり美しく見えるようになります。女性の顧客が多いのだから、女心を無視して、ただやみくもに症状解消だけに施術の的を絞ることもないと思うようになりました。

女性で最も多い症状である肩こりが改善しなかったことはないです。「気持ち悪いほど首、肩が軽くなった」と言われたことも。腰痛もほとんどのケースで改善はします。日常生活での身体の使い方がそのままだと、慢性化した腰痛の場合は、いずれ再発しますが、一応解消したとい言えるレベルになるケースの方が多いです。

腰痛で回復までもっていけなかったケースは、脊柱間狭窄症や脊椎分離症など、骨が変形し固まっているケースと、本人の生活習慣や身体の使い方、姿勢の問題を、ご自分ではほとんど改善していただけなかったケースだけです。間歇歩行(少し歩くと痛くなり、立ち止まって前かがみになると、また少しは歩けるようになる症状)にまで至った場合は、腰痛軽減レベルまでのケースが少なくないのが実績です。

むち打ち症も解消したケースがほとんどです(症例は少ないが100%)。整形外科、整骨院で解消しなかったケース、改善すらしなかったケースでも、解消しています。

便秘解消だけで来院される方はまだいませんが、他の症状解消とともに、便秘も解消、改善しているケースは少なくないです。

半年に1回程度しか生理が来なかったような重度の生理不順の方でも回復したケースがあります。もっと軽めの不順なら解消例は多いです。生理痛も特にそのための施術をしなくても、身体が整って調子が良くなると解消、軽減しているケースが多いです。

不妊症での来院はないですが、話の流れで「結婚10年以上経つが、子供ができない」と言われた方でも、体調が良くなってきたら、妊娠したケースはいくつかあります。

逆子は臨床例が少ないですが、施術で直した実績はあります。

胃痛、胃弱も解消したケースはいくつかあります。内蔵調整もしてますが、胃潰瘍など診断された場合は、当院にそれで来ることはないですが、施術を重ねていけば、改善はするはずです。

手、足の痛み、違和感、しびれなども解消したケースは少なくないです。

 

川越の整体で体調不良解消!
不調はがまんせず、今すぐお電話を!
ご予約…tel:049-223-2017
電話受付時間/9:00~21:00 (不定休)
当日のご予約は電話でお願いします。
川越市末広町3-10-2ファミール末広201

病名は言いません

整体は、病気を治すというより、体の調整が仕事です。痛みやしびれ、むくみ、コリ、だるさ、疲れなどが解消するのは、体を調整した結果です。

法律の問題もあり(医師法)、病名を告げるという意味での「診断」はできません。できても言いません。

腰椎(背骨の腰の部分)が悪い人なら、「腰の骨がズレてるようですね」とか「背骨の腰の辺りに異常があるようですね」などといいます。

腰痛という症状でも、原因はいくつかあります。
腰椎の位地に異常がある場合、腰椎そのもの、その内部に炎症などがある場合、内臓に異常がある場合、精神的なストレスや問題が原因の場合などです。

体と施術方法のチェック(検査のようなものです)をしているときに、私の施術では回復しないとわかったら、病院の受診を勧めます。施術で回復するとわかっても、原因がはっきり特定できない場合には、念のために病院での検査を勧めることもあります。

万が一にでも、病院での検査と治療をしなかったために、症状が悪化したり、回復が遅れたら悪いと思っているからですが、法的にも、病院での治療をしないように言って、その結果、手遅れになったり、状態が悪くなったりした場合には、責任追及されるべき立場にいるからです。その辺が、医師と違うところです。

数年前のニュースですが、出産で妊婦を死亡させて逮捕・起訴された医師が無罪になりましたが、通常の手順でちゃんと治療をしていて、病状が悪化したり、死亡させたとしても、医師には法的に責任を問えないということになっているからです。

整体などの民間療法の場合は、ちょっと違います。
民間療法は、医療類似行為というのが、法的な定義のようですが、
患者さんに危害を加えない限り、適法と法的にも認められているのですが、施術の結果として、怪我を負わせたり、明らかに患者さんの状態を悪化させたり、ましてや死亡させたりしたら、逮捕され過失を問われることは間違いありません。

ですから、施術で最優先しているのは、安全性です。私の施術で万が一にでも怪我をさせたり、死亡させたりすることはあり得ませんが、回復の過程で痛みが一時的に増したり、多少熱が出たり、汗や尿が出たりすることは、ごく普通にあります。というより、根本から回復するということは、それらの経過を通して可能になっていくと考えています。

痛みだけ消しても、本当に回復したことにはなりません。部分的な対処法だと、短期間のうちに症状が戻ってきます。

でも、世間の常識としては、必ずしもそうはなっていませんので、いわゆる「好転反応」という状態を、ちゃんと説明して納得していただくことは、患者さんの安心のためでもあり、施術者の安全のためでもあります。

人様の大切な体と心身の健康を扱っているわけですから、施術だけやって、ハイお仕舞い、という感じだと、なかなか評価されないし、患者さんに対して失礼だし、足元をすくわれることもないとは言えないと思っています。

施術のときは集中してます

施術で一番重視していることのひとつは、集中することです。患部を聞き出し、そこに集中します。

意外に聞こえるでしょうが、良くしようとか治そうとかいう意識は、施術中はかえって余計なことと言われています。

しかし、患者さんや患部のことを考える必要がないとは思っていません。五感を使って、患部に意識は集中しています。

それが効果を奏していると感じるのは、 必ずしも特別な手技を使わなくても、症状が軽減、解消することが多くなったことです。

余計なこと(手技)はしないことも大切です。最小限の手技で最短時間での施術が、やはり身体にとっては一番優しくリスクを最小限に抑えることができるのです。

やり過ぎるくらいなら、足りない方がはるかにいいと考えています。やり過ぎて、調子を悪くすることはありますが、足りなくて悪い状態になることはないと考えています。

やはり治すのは患者自身の生命力です。だから、最小限の刺激(手技)でいい状態にすることが、最高の施術なのです。

意識を集中する

整体師になって10年目に入ったから今更という気もしますが、今施術で一番重視していることは、集中です。お客さんに問診して患部を聞き出し、施術中はそこに集中するということです。

良くしようとか治そうとかいう意識は余計だと教えてくれた先生がいますが、お客さんの体と施術への集中は必要です。

集中すると施術効果は高くなると感じます。そのためか、今では施術の基本的なことをしっかりしていれば、特別なこと(追加手技など)をしなくても、症状が軽減、解消することが多くなりました。

それと、余計なことはしないことも大切です。最小限の手技で最短時間での施術が、やはり身体にとっては一番優しく施術によるリスクを最小限に抑えることができると思います。

「やり過ぎるくらいなら、足りない方がはるかにいい。」

こう教えてくれた先生がいました。この言葉の本当の意味が、わかってきてから、施術が楽になってきました。やりすぎて逆に症状を悪化させたり、余計な手技を足したりして、せっかく改善した状態のバランスを崩して逆効果になったりすることはありましたから。

やはり治すのは患者自身の生命力だと実感してます。だから、最小限の刺激が最高の施術なのでしょう。施術は時間が長ければ効果も高いということはありませんし。

脊椎は調整の基本(誇張法について)

当院では、いくつかの手技慮法(全体のくくりでは整体になります)を、症状や体調、体質、年齢、性別などに応じて、その時々で最適な方法を選んで使ってます。

今メインの使っている手技療法の一つは、オステオパシーの誇張法と呼ばれる方法で、斉藤先生という方がアメリカで生まれたオステオパシーという手技療法をベースにして、独自に考案した手技療法です。

誇張法の基本になるのは、脊椎の調整です。全部で24個ある椎骨(脊柱の骨)全てを調整します。その基本にプラスして、骨盤、頭蓋骨も調整し、必要ならば、膝関節、足首の関節、肘の関節、股関節の関節、肩の関節、恥骨結合など、全身の関節も調整します。

脊椎の中には神経が通っており、各脊椎からは内臓に情報を伝達し内臓から情報を脳へ伝えるための神経が枝分かれしています。

脊椎に異常があれば、その脊椎に対応した内臓などの機能に問題や障害が生じることもあります。逆に、内臓に機能不全など不具合が生じれば、脊椎に異常が現れます。

誇張法では、直接、ごく軽い力で背骨に触れるだけですが、そのような物理的な刺激だけでなく、それと同時に、施術の方法の一つとしてイメージの力を活用しています。

単に、固まっていたりズレたりしてる椎骨をゆるめて適正な状態にするだけでなく、椎骨とその周辺の身体組織をイメージすることによって、その椎骨と関連する内臓も調整可能だと考えています。

脊椎がどう捻れているとか、どっちの方向に回転しているとか、ズレているとか、腰椎の何番と何番の間が詰まっていて動きが悪くなっているとかまで触診によって状態を把握した上で、脊椎に刺激を与え、同時にイメージで調整していけば、より精度が高く効果的な施術ができるはずです。

自然治癒力を高め回復に導く整体

当院の整体は、施術で体を楽にすることは大前提ですが、リラクゼーションとしての施術ではないので、施術直後が最高に楽で気持ちよく、時間経過と共に、元に戻るというのでは、私の施術は半分失敗だと思っています。

ある程度波はあるにせよ、基本的にはいい状態をキープできるまでもっていくこと。多少症状の戻りがあっても、健康管理で自力で元に戻す力を取り戻してもらうことを目標にしています。

整体に行って、とりあえず痛みを取ってもらえばいいという人も中にはいます。そんな場合は、治療(施術)や健康、身体への考え方が違うこともありますが、ちょっと良くなる、がまんできるレベルになると、それっきりという方が多いようです。

自分の体は自分で責任を持つことと、自分の体の治る力、生きる力への信頼感を持ってもらうことで、改善、回復は早くなり確実なものになります。特に不定愁訴の方は、ご自分の心身への信頼感がなくなっていることが多いようなので、自分の身体、生命力、自然治癒力といったものへの信頼感、自身を取り戻すことが、治癒のきっかけになることが多いようです。

基本的には、私のところで治せると出て、施術を引き受けた方は、全て、自力で治る力があると信じてやっています。患者さんも施術者も、治らないかも…と思ったら、治らないことが多いと思います。症状の軽重より、患者さんと施術者の回復へ確信の度合いが、病気や症状が治るかどうかを決定するように思います。

施術(治療)や薬が病気を治すわけではありません。患者さん自身の自然治癒力(生命力)が、体を元の健康な状態にするのです。我々は、そのきっかけづくりと後押しをしているだけなのです。