人と接する仕事を天職として

親子、兄弟、友人、知人からはじまって、職場など、対人関係、人間関係に関して全く問題がない人はいないと思います。

僕も同様です。現在進行形ではなく、過去完了形になりましたが、人間関係にトラウマがあると言ってもいいかも知れません。

そのせいか、今までは、正直なところ、一番気が休まるのは、一人でいるときでした。今は必ずしもそうではありません。ある程度は価値観と感性が合う人なら、ずーっと一緒にいてもリラックスできますし、寝食を共にしたいとすら思うようになりました。

20代はじめから30歳くらいまでの2年半ほど、海外を放浪していた時期があります。当時(1980年年代)は、経済成長真っ只中で、デザインやイラストの技術があったこともあり、1年ほど日本を離れて帰国しても、すぐに仕事にありつけたいい時代でした。

人間関係の問題を抱えていた当時ですが、日本での人間関係から隔絶した海外では、むしろ初対面の外国人や同胞でも、気軽に挨拶をかわし、話がはずみ、家を訪問したりすることすらあります。なので、生まれ持った性質からすれば、僕はむしろ、人が好きなんだと思います。幼児の頃は、人懐こかったらしく、営業向きだと言われたことすらあるほどでした。

人間関係で一番嫌いなのは、裏切りです。僕のトラウマの原因にもなってます。

適当な態度や自己保身のための嘘、利己的な態度などは、自分にとっては許容範囲ですが、自分に見せる顔と態度と、本心が著しく違っていたりするのは、それによって個人的にも社会的にも手ひどい傷を負った経験がいくつかあるので、絶対に許容はできないようになってしまいました。

そんな自分が人と直接接する仕事をするというのも、皮肉というか面白いと思いますが、なぜ、そんなことが可能かといえば、自分個人に対する好き嫌い、相性の良し悪し、価値観の相違はともかくとして、接する目的に関しては、絶対に一致しているという安心感、信頼感があるからだと思います。

さらに、金銭を受け取る立場で接しているから、自分と合わないと感じた人や、目的を達成できないと感じた人は、自然に離れていくというのも、わかりやすく、むしろ清清しいくらいです。

必ずしも、個人生活(プライベート)の細かいところまで教えあう関係、甘え合う関係が、深い人間関係だとは思いません。個人的なことはあまり知らなくとも、目的や価値観を共有できて、裏切りの入り込む予知のない、利害も感情も対立する必要性のない関係が、僕にとって安心できるし疲れないのです。

その意味では、思春期から中年へさしかかる頃までの時期、自分に欠けていたというより、避けてきたような人間関係、人との接し方、付き合いを、いま、整体師という仕事を通じて取り戻しているのかも知れないと思うことがあります。

たとえ一時的な付き合いだとしても、クライアントさんは、僕に生きる意義と生活の糧を与えてくれる、いまの自分にとって、かけがえのない存在です。

シャーマンになりたい整体師です!

僕は若い頃、カルロス・カスタネダの「ドン・ファンの教え」を読んで、呪術師=シャーマンになりたいと思っていました。

50歳で整体師になり、その方向に人生が展開しているのを感じています。

 

 

居眠り運転

認知症の母と温泉旅館に泊まった帰り道のことです。その日の午前4時過ぎ、母の「痛い!痛い!」という声で目が覚めました。ベッドの横にうづくまっていました。「どうした?」と聞くと、「わからん。膝が痛い」と言いました。トイレに行こうとしてベッドから出たときふらつき、転んだようです。

母はちゃんと歩けないのでホテルから車椅子を借り、朝食会場まで行って普段通りに食事を摂れたのは良かったのですが、骨折してる可能性があるので、急いで帰って病院に連れていかなくてはなりません。

早朝に起されたので、帰るときのドライブ中、眠くなりましたが、がまんして運転し続けてたら、母が「危ない!ぶつかる!」と叫ぶ声にハット!目が覚めたとき、車が対向車線にはみ出していて、前方の車に衝突するところでした。ハンドルをとっさに左に切って事なきを得ましたが、正面衝突してたら死ぬか瀕死の重傷を負っていたと思 います。

ドライブ中の居眠り運転、といっても、意識が完全に飛んだのは、たぶんほんの1~2秒のはずです。意識が飛ぶとハンドルを握った腕の位置を維持できなくなり、必然的にハンドルを切ってしまう。それで対向車線にはみ出たのだと思います。その1~2秒が生死を分けるのです。

この時、母が叫ばなかったら命は無かったと思います。母も重傷か死んでたかも知れません。気を落ち着かせるために少し走ったところにあったコンビニで休憩したとき、母に「命の恩人だ」と伝えました。母は嬉しそうな顔をして、「そこまで言われたら、もっとシャキンとしてないといけないな」と言いました。

大病でもしないと死は自分とは無関係なこと、遠い先のことと思ってる人が大多数でしょうが、実は全ての人は死と隣り合わせに生きていることを、居眠り運転で事故死寸前の経験をして悟りました。

生は死が広がる谷底の上のロープ上に、生きようとする奮闘によってかろうじてバランスを取っている状態なのです。

自転車を買った!

この1週間ほど、スポーツ自転車のサイトを観てた。
最近あまり熱中できる趣味がないので、(写真は撮ってるが)
運動不足が解消できて、手軽にできる趣味を探していたが、
サイクリングがいい!と思い立った。

そこで、ついに今日、クロスバイクという種類の自転車を買った。
ロードタイプとマウンテンバイクが合体したような車体だが、
ロードタイプの方に近い。

買ったのは、ジャイアントという台湾の世界的自転車メーカーのもので、
「グラビエ」という名前だ。

持って帰ったときに10分ほど乗っただけだが、スピードはかなり出る。
でも、乗り心地は、かなり硬く、普通の自転車(ママチャリ、軽快車)のほうがソフトだ。

走り初めは、晴れた休日に、入間川の土手のサイクリングロードを走ってみよう♪

クロスバイクを室内に
クロスバイク
ベランダのクロスバイク
雨ざらしにしたくないのと盗難防止のため、部屋のベランダで保管。

自転車のタイヤ交換!

先日、自転車に乗ろうとしたら、後輪がパンクしてた!
完全に空気が抜けてるのだ。
前日にパンクした覚えはないのに。

徒歩3分の所に自転車屋があるので、初めて行ってみた。
近い方がいいからだが、お客さんが自転車のタイヤの空気を、
その店で入れてもらったら200円ほど取られたと聞いてたので、
あまりいい印象は持ってなかった。高すぎだろうと。

パンクで1000円以上と言われたら、やめようと思ったが、
ちょうど1000円だというので、頼んでみた。

数時間後に取りにいくと、直ってたが、
「どこがパンクしてたんですか?」
と聞いても、モゴモゴしてて明確な返事がない。
タイヤ(外側)がだいぶ傷んでて、交換したほうがいいとか、
その亀裂から空気が漏れたとか(内部のチューブが破れてなければ、
タイヤそのものが傷んでても、パンクしないはずだが…?
と思ったが、1000円払ったら、ちょっと恐縮してうれしそうだったので、まっ、いいかと思った。

「今度パンクしたらタイヤ交換しないといけないので、4000円かかるよ」
と言われたが、タイヤ代込みなら納得できるが、工賃が4000円なら高いと思った。
前後輪替えたら、8000円かかるではないか!

6段変速の軽快車とはいえ、基本の作りはママチャリと一緒の自転車で、15000円くらいの自転車に、8000円修理に使う気にはなれない。

確かにタイヤの傷みは気になってたが、買換えようかと迷ったが、
アマゾンでタイヤを検索したら、2900円でチューブ付きで買える!
ネットでタイヤ交換のサイトと動画もあったので、自分でやってみようと思った。

最初はできるか心配もあったが、2時間半ほど、多少は苦戦したが、
なんとか自力で替えることができた!
初めての作業だったので、達成感がある。
工具は買ったが、100円均一店でも探せばあったから
3000円もあれば、前後輪の交換はできる。

今度はパンクも自分で修理してみよう!と思ってる。
買い替えようかと自転車店を見てまわったが、3万円以上出せば、
かなりかっこいいスポーツタイプの自転車が買えるので、欲しくなった。

入間川の土手のサイクリングロードはたまに走るし、
飯能の宮沢湖岸の温泉まで自転車で行ったことがあるので、
趣味がサイクリングと自転車いじりというのも悪くないなと思ってるところです。

自転車修理
施術所のドアの前が、自転車修理店のよう。

 

自転車を逆さまに作業
自転車を逆さまにすると、作業がしやすい。

 

タイヤ交換した愛車
タイヤ交換して掃除もしてきれいになった愛車。

棒ノ嶺に登った

5月3日は休みにしたので、飯能の山奥にハイキングに行ってきた。
飯能まで西武線で、そこから名栗湖までバスで行き、棒ノ嶺(標高969m)に登って、奥多摩川に下りるルートだ。

登りは渓谷沿いのルートなので、渓谷の景色が日本庭園のようで美しい。
頂上からの見晴らしはよく、秩父の山々がよく見えた(写真は、どういうわけか、頂上と下りのときのものがパソコンに取り込めず見れないのは残念)

下りで膝に負担がかかるので、日帰り登山でも、右の腓骨頭(膝の外側)が痛む。今回も下りきってバス停まで着くときはなんとか持ったが、駅の下り階段で痛むようになった。翌日は解消するので、まあいいのだが。

次回からは、登山用のステッキを持っていこうと思う。

名栗湖
名栗湖
名栗湖から棒ノ嶺に向かう途中の渓谷
名栗湖から棒ノ嶺に向かう途中の渓谷
日本庭園のような渓谷美
日本庭園のような渓谷美

藤原新也のオフ会に参加

三菱一号美術館

もう30年以上前から、写真家、作家、画家、最近は書家でもある藤原新也さんのファンです。

彼の旅行記と写真に影響を受けて、インド、パキスタン、タイ、アフリカなどを旅して写真を撮っていた時期もありました。

藤原さんは、現在有料の会員サイトも運営してます。月額1000円で、彼のブログ記事を読むことができ、写真、書、著書のいくつかも読むことができます。

オフ会も開かれていて、先日参加してきました。
藤原さんの知り合いの方が企画プロデュースしたという印象画家の展覧会(三菱一号美術館で開催中です。)を観た後で、藤原さんのアトリエにおじゃまして、美術に関する話をお聞きした後で、近くのタイ料理屋で藤原さんを囲んで飲食をしましたです。

三菱一号美術館の中庭

美術館には中庭があり、レストランで飲食もできます。

 

大久保のタイ料理店で藤原新也氏と飲食

写真の中心の白髪短髪の人物が藤原さんです。藤原さんの実家は旅館(現在は廃業)で、料理人の料理を子供の頃から食べていたせいか、かなりのグルメです。タイ料理屋は、たぶん彼の行きつけの店で、とても美味しかったです。

オフ会ということもありますが、実費以外は無料でした。社会的立場や地位、経済力で人への対応を変える人が少なくないですが、藤原さんは、知る人ぞ知る著名な文化人で芸術家ですが、誰とでも分け隔てなく同じ目線で接してくれる人です。

趣味の絵画と観察力

物心ついた頃から絵を描くことが好きでした。
大抵の子供はお絵かきが好きだと思いますが、
学校で絵の上手下手を評価されるようになってから、写実的に絵を描けない子は、嫌いになるような気がします。

絵がうまい=写実的な絵が描ける、ということのようですが、それは一般的に思われているように、手先が器用だからというのは、少し違うようです。

写実的に絵が描けるということは、第一に観察力が優れているということです。写実的な絵は、まず対象をじっくと見ることからはじまります。見たそのままを描けば写実的になるはずですが、そうならないということが手先が不器用だからと思っている人は多いでしょう。
器用さより観察力が足りないから、写実的に描けないのです。

人は世界をありのまま見ているわけではありません。自分の頭の中にある観念的世界と矛盾しないような見方で、外界を見て判断・認識しているのです。

絵画も理屈は同じです。あるがままに見て認識することができないと、写実的な絵は描けません。幼児の絵を見るとよくわかるのですが、幼児は自分が世界を見ている通りに絵を描きます。大人も基本的には同じですが、多少は図画の時間などで、写実的な絵の描き方を学ぶので、いわゆる写真のような感じの絵、お手本に近い絵を描くようになるのです。それが絵をつまらなくする原因でもあるのですが…

どんな仕事でもそうかも知れませんが、観察力は大切です。現実をそのまま認識することは、実は不可能ですが、可能な限り予断を排することは、正確な現状認識には欠かせません。

人は人の感覚器官や知能の枠の中で世界を認識していますし、犬は犬の感覚器官の能力と知能の中で外界を認識しているので、同じ場所にいても、実はかなり違った世界を見ている可能性があります。同じ人同士でも、全く同じに世界を見ているということはありません。価値観や興味の対象の違い、身長の違いとか性別や出身、職業によっても、見ている世界は微妙に違ってきます。

アルバイトも含めると、僕はいくつかの職業を経験してきましたが、携わっている仕事によって同じ街を歩いていても、見ているもの、感じていることが違うのがわかります。

人の姿勢や身体の硬さ、動作、歩き方の癖などへ注意が向けるようになっているのは、整体師として人や世界を観ているということだと思います。

今の生活スタイルに満足

僕が今の仕事(整体師)に満足してる理由は、もちろん整体ということそのものに興味があり好きだからですが、もう一つの理由は、企業に雇用され命令指示されての労働でなく、自分で考え自分で実行して、直接お客さんから対価を頂戴するという仕事のやり方が合理的で無駄がなく気持ちいいと感じるからです。

お客さんから直接対価をもらう仕事は、中間搾取がありません。料金は外の経済の影響を受けるから完全に自由とはいえませんが、可能性としては、施術した見返りにお米や野菜や住まいを提供してもらうことで生活することで、市場貨幣経済からの独立生活は可能です。実際にお米やお菓子などを頂いたことはありますし。

会社員時代より稼ぎが少なめなことを恥じる気持ちが、全く無いとは言えませんが、そんな事より、今の仕事内容とやり方の方がよほど大事です。収入の多さと安定度を求めるなら、会社勤めをしていたほうがいいと思います。

だから、サラリーマンの成功の定義としてよく言われる年収1千万円超えを目標とかは、二の次の目標です。むしろ消費税を取られるくらいなら、その分、自由時間が欲しいですし(零細企業、個人事業では、消費税分を全て料金に転嫁できるところはまれでしょう)、リーズナブルな料金で、一人でも多くの不調で悩んでる方々に僕の施術で楽になっていただくほうを、優先したいと思ってます。

タブレット端末を買った

タブレット端末を買いました!台湾製の安いやつです。本当はiPadが欲しかったのですが、高い割りには、たぶん、あまり使わないと思ったからです。

使ってる人が増えてきてるから、どんなものかと好奇心があったのと、タブレット端末のカメラで撮影して、施術前後の姿勢の変化、歪みの解消具合を、デジカメより大きな画面でわかりやすく確認してもらうためです。

通信料が高いのでしばらくはネット接続はしなかったのですが、PC用ルーターを無線にすれば室内で使えることは判明。無線にするための機器のレンタル料をNTTに払う必要がありますが、400円程度で済みました。

自分でやって接続失敗したのですが、翌日、NTTのサービスセンターに電話で指示受けながら設定したら繋がりました!

タブレット端末でネット接続できたので、早速キンドルで電子書籍を買ってみました。これもタブレットが欲しかった理由のひとつです。

思ったより読みやすいです。読みたいと思ったら、1分後には読めるのも便利だし凄いと思います!

場所を取らないので、本が部屋にあふれかえっている自分としては、その点でも便利で利用価値が高いと感じてます。専門書のラインナップ増えれば、利用価値は大きいと思います。将来的には、タブレット1個あれば、タブレット端末が書棚になるかも知れませんね。