すぐに効果を感じる整体

整体の施術の直後でも、症状の改善が感じられることが多いですが、時間が経つと体が変わっていくので、翌日以降の方が楽に感じることも多いです。先日も患者さんからメールで、「整体院を出てからすごく体が軽く楽になったのに気づき感動しました」とうれしいメールが届きました!

患者さんから「整体を受けてから体が楽になりました」という感想を聞くことほどうれしいことはありません。時間をかけて書いた手紙をいただくこともあります。当院の整体の適応症で、病院で全く対応してないものはありませんが、病院では治療法がない結果が出なかった方からは特に感謝されます。

整体は保険適用でなく自費治療で安くないですし(当院は4千円)、国家資格でもないのに、多くの人たちが来院してくれるのは、感謝の気持ちでいっぱいです。中には2時間もかけて来られる方がいますが、患者さんの期待と通院の努力に応えるためには、全身全霊で施術しないといけないと思わされます。

患者さんの中には、疲れるでしょう?とねぎらってくれる方もいますが、体力的にはそれほどではありません。難しい症状、慢性化した症状の場合は、特に集中力が必要ですが、それを感じさせるということは、まだまだ私の技量と力が足りないということでもありますが、うれしい心づかいに感謝してます。

完全に満足できる施術はまだできません。きっと一生できないと思うほど、人の体は複雑で奥深く、整体の技や哲学も深遠で多様だからです。それだけに施術すればするほど、もっと勉強しなければと感じさせられることが起きます。いい整体師になるためには、整体と人に興味がなければやっていけません。

来院の不安感を取り除く

雑煮の餅が歯にくっついたためか、奥歯のかぶせ物が知らない間に取れてました。金属を飲み込んでしまったようです。正月でズーッと歯医者が休みで、今日も明日も行きつけの所が休みなので、別の所に行くことにしましたが、自分が始めて行くとなると、体のことだけに勇気がいるものだと感じました。

歯医者でさえ初めての所に行くのは慎重になるのだから、整体など一般の認知度が低く、評価も定まっていない、医療施設ではないにせよ、体のケアをする所に初めて行くとなると、かなりハードルが高いことは想像に難くありません。

来院促進には、効果に期待を持たせることと安心感を与えることが重要だと感じました。でも、どちらも体験してみないと実感できないので簡単ではありません。口コミも大切ですが、同様の症状でも状況や要素が違うので、その人に効果があって好感が持たれても、知り合いも必ずそうなるとは限りませんし。

今日予約した歯医者はホームページを見て電話予約しました。歯医者でメール予約はめったにないです。HPの内容も重要ですが、電話での対応も大切だと感じました。行こうか迷いがあったり、不安感がある状態で、電話の対応に好感が持てないと、きっと躊躇して急に気が変わることがあると思います。

当院では8割程度がネットからですが、問合せや予約の電話があっても「ちょっと考えてみます」とか、予約はしたが後でキャンセルされたことも何度かありました。その多くはきっと対応に好感が持てなかったのだと反省してます。

食生活が体調を左右する

今年は(昨年の大晦日)正月に毎年作る新潟の郷土料理「のっぺ(のっぺい汁)」と雑煮は、母に教えてもらいながら作りました。これで自分でも「のっぺ」と雑煮はできそうです。昨年は「きんとん」を作りました。「二色玉子」は大好物ですが、これも作ったことがあります。

おせち料理や雑煮を食べて思うことは、昔の食生活は、季節や生活状態、体のリズムや状態に応じた食材と調理法で作られているということです。正月に餅を食べるのは、正月くらい主婦も料理をしないでゆっくりしたいために、腹持ちの良い餅を食べたのだと思います。

カロリーと糖質だけ多く、栄養価が低いジャンクフードや工場生産の添加物一杯の加工食品の多い食生活と、運動不足など体のことに気を使わず、睡眠時間と休息を削った過労の生活を続けていると、ほぼ確実に体を壊し、結果的に多額の医療費負担を強いられ、体調不良で辛い状態が続くことになります。

治せないほうが儲かる?!

現役のベテラン医師が医療について話すネットラジオ番組を毎週聴いてますが、病院は、症状をこじらせ治療回数を増やし、投薬や検査を多くして、入院してもらうと儲かるそうです。整体もそういう側面がありますが…

ヒロ自然療法院の施術方針は、

●症状を早く、少ない施術回数で解消する。

●施術方法は、安全で基本的には痛くない方法で。

●自然治癒力を高めて、病気に罹りにくく治りやすい体にする。です。

整体院の施術の評価で一番はっきりするのは、

「症状が解消したようですが、それまでかかった施術料金と時間を全てお返ししますが、通院する前の体の状態に戻してもいいですか?」

と聞くことです。その方がいいと思う程度の施術なら、価値はないということになります。

整体に限りませんが、時間でいくらという料金体系の商売は多いと思います。サラリーマンでも時給換算でいくらとか計算しますし。でも、10分の施術で症状が解消する整体と、60分かけてくれるが施術前とたいして状態がたいして変わらない整体と、どちらを選びますか?

時間がかかる整体は、クライアントさんの話をよく聞き、丁寧に検査し施術する所も少なくないですが、技術が未熟で施術に時間がかかる場合もあります。整体院を選ぶときには、その辺の見極めが大切です。いくつか行ってみないとわからないでしょうけど。

当院で改善・回復した症状

整体で体の歪みを修正しバランスを整え、免疫力を高めて、薬に頼らない健康回復をしませんか?

来院され改善・回復された方の症状をご紹介します。

腰痛・坐骨神経痛・股関節痛と違和感・肩こり・首痛・背中の張り・膝痛・頭痛・顎関節症・顔の違和感・歯痛・耳鳴り・めまい・ふらつき・頻尿・高血圧・便秘・生理痛・生理不順・恥骨痛・尿漏れ・倦怠感・胃弱・疲れ目・難聴・臭いを感じない・味を感じない・O脚・XO脚・骨盤の歪み・猫背・背骨の湾曲・手指の関節痛・肘痛・五十肩(四十肩)・脚のしびれ・足首・足の甲の痛みと違和感などなど…

整体のライバル

今、お客様に当院の施術の感想を書いていただいています。書くことで割引やプレゼントはしてないので、かなり本音を書いていただいてるようです。その中の一つに「最初は期待してなかったが、慢性的になっていた腰痛が解消した。定期的に通いたいが、料金が高いので頻繁には通えない」とありました。

テレビニュースでは、「今年の冬のボーナスは70万円台になり昨年より増えると見込み」とか言ってますが、それは一部の大企業だけでしょう。皆さんの財布の紐は固いというのが、当院のお客様と話たり感想を読んだ実感です。

整体の目的が「心身が楽になること」とすれば、競合するサービスはかなり多くなります。病院、薬局(薬)、整骨院、鍼灸院、指圧・マッサージ院、カイロプラクティック、リフレクソロジー、アロマセラピー、エステ、スポーツジム、ヨガ教室、さらに旅行、映画、演劇・コンサート、居酒屋、温泉などなど。

生活者の立場で、整体を「楽になるための出費」という捉え方をすれば、実にいろんなサービスが他にもあります。大多数の人は、この10年間で収入が減り続けています。どれかを削るとすれば、多少の痛みや不調なら、がまんしても当然かも知れません。

整体で手技の技術力向上は、仕事上の基本でとても大切です。ただし、整体の技術は、それを受ける相手がいて初めて役に立つものです。つまり、お客様がいないと何も始まらないのです。私も含めて、多くの整体師は、その辺の意識が弱い気がします。

腰が痛い、首が痛む、膝が痛む、疲れが取れない、よく眠れないなど様々な身体の不調で悩んでいる人々が、その解決法として整体や整骨院や鍼灸院、病院に行くとは限りません。

整体以外に、薬を飲む、健康器具、健康食品に頼る、各種セラピー、カウンセリングから温泉、スポーツジム、自分でストレッチなど「私の悩みはこれで解決するかもしれない」と思うもの、期待を持つような手段は、整体師、治療家が考えるより、生活者の方がはるかにいろいろ考えるはずです。

さらには、テレビの健康番組や雑誌の健康記事、健康関連の書籍なども、自分で痛みや不調を改善しようという人々にとっては、有効な手段として認識されているはずです。これらの多くはビジネスとして存在しているので、整体のライバルに成りうるものは、非常に多いのです。

体調不良や痛みなどで悩む人たちからすれば、痛みはすぐに取りたいのです。楽になれば手段など何でもいいというのが本音だと思います。多くの人たちは、体の痛みが、どういうものなのか?原因は何か?などは二の次でしょう(これが不調が慢性化する原因でもありますが…)。

このことの良し悪しはともかくとして、整体院の見込み客には、このようなタイプの人が多いはずです。しかし、私も含めて多くの整体師は、見込客が、実際にどのような痛みで困っていて、どんな解決方法があるのか、どんな商品やサービスが人気があり売れているなどにはあまり関心がないようです。

食事と運動が大切

今年の猛暑もあり、春から夏にかけて仕事が忙しかったこともあり、食事は手抜きしてました。朝はパンとコーヒー。昼はカップ麺かレトルトカレー、焼きそば、途中でお腹が空くので、ポテトチップスやチョコレート、夜はスーパーの惣菜か弁当。あまり料理しませんでした。

夏ごろから体調が落ちてきたのを感じてましたが、猛暑のせいだと思ってました。でも、暑さと忙しさもあって、一歩も外に出ない日が珍しくなく、運動不足で食事の質がかなり落ちていたことに気づきました。

メタボ検診の結果が郵送されてたのを偶然発見して、思いのほか数値が悪かったので、原因はやはり生活習慣にあると気づきました。それで今は基本的には自炊、それも油をあまり使わない和食系にして、散歩程度ですが、毎日運動することにしました。

生活改善を始めてから3週間近く経ちましたが、体調が良くなってきたのを実感しています。体が軽くなりもっと動きたいと思うようになりました。夏場はしんどさをがまんして仕事してた時もありますが、今はもっと働きたい気分です。

やはり健康維持には、食事と運動が大切だと実感しています。

新手技で五十肩が改善!

カウンターストレインという手法があります。昨日の女性のお客様は最初は腰痛(坐骨神経痛と腰椎ヘルニア)で通院されましたが、腰が回復したら肩と腕が痛くなり腕が上がらない、後ろへ回らない状態が強く出てきました。施術しても改善は一進一退でしたが、カウンターストレインでかなり改善しました。腕が後ろに回せないと、服を脱ぐときに特に辛いようなので、喜ばれました。

ある程度手技療法で仕事をしてくると、自分なりに、経験と勘で、こうしてこうやったら改善するのでは?と閃くことがあります。動かすと痛む症状の時は、習った方法以外に、自分で工夫した方法で対処することが多いのですが、かなり効果があります。軽い捻挫なら一回で痛みが解消することもあります。

カウンターストレインも、セミナーや学校で習ったわけではないですが、技術書を読み実際の臨床で実践しています。人の体は千差万別ですから、教科書通りの型でやるより、その人の症状、状態に応じて、工夫した方が効果的な場合が少なくないようです。

最初から習った「型」や方法を変えるのは良くないと思いますが、習得した後で応用することは、実際に仕事をしていく上では、必要不可欠だと思っています。整体など手技療法は芸術とは違うので、自分の施術の独自性には拘っていません。効果的であれば真似でもオリジナルでもどっちでもいいのです。

会話しながらの施術と身体との対話

先日の患者さんとは、共通の話題があったので、話がはずんだ。

僕は通常は、施術中にこちらから雑談めいた話をすることは少ないのだが、旅という共通の興味と体験があったので、施術中にも関わらず、こちらから話かけ、会話しながらの施術になってしまった。

となると、身体のチェックと手技の確認も、ながら作業となり、いまいち集中力に欠け、つっこんだチェックはできず、呼吸数や手技の回数なども、かなり適当になってしまった。

患者さんとの雰囲気というか、関係は、これでかなり親密になったと思うが、肝心の施術効果については、少し心配だった。

最後にそれもチェックしてみたら、案の定、施術効果的には、今日のやり方はマイナスと出た。

施術後に体調と感想を聞くことにしているが、改善した部分はあったものの、手技を施したにも関わらず、変化がなかった部位もあった。

会話で集中力が削がれ効果が落ちたという認識があったので、立ち上がった後だったが、再度横になっていただきチェック。

追加してもよろしいと許可が出たので、手法を逐一確認しながら組み立て
今度は黙々とオプション施術をした。

再度感想を聞いたら、残っていた違和感と痛みが完全に解消したとのことで、ちょっと驚いておられた。

ある程度の会話は信頼関係づくりには必要だが、話しっぱなしというのは、少なくとも僕の施術にはマイナスに働いていたようだ。

やはり施術中は、対話はするにしても、「もう一人の患者さん」と対話しているほうが、いいようだ。

川越祭り

10月16~17日は川越祭りでした。

NHK朝の連続小説「つばさ」の舞台になってから、さらに祭り見物に来る人が増えたようです。山車が出ている交差点などは、通り抜けが難しいほどの混雑でした。

夜は山車がライトアップされて見事です!暗闇に山車が浮き出て見え、昼間以上に熱気が感じられます。

東京の池袋から東武東上線の急行でわずか40分足らずの川越の町で、こんなに日本の伝統的な祭りが行われているなんて素晴らしいと思います。

川越市の当院から徒歩わずか6~8分のところで、こんなに日本情緒豊かで伝統的なお祭りが見れるのは、幸せなことだと感じています。

17日は整体院の営業も休んで、お祭り見物してました。皆さんも、10月になったら川越祭りをぜひ見に来てください!

川越祭りの山車
川越祭りの山車
神社の境内で開催されている祭りの市。射的や金魚すくいなど、日本の祭りに欠かせないゲームが楽しめる。
神社の境内で開催されている祭りの市。射的や金魚すくいなど、日本の祭りに欠かせないゲームが楽しめる。
山車を引く川越の地元の人々。
山車を引く川越の地元の人々。