僕にとっての認知症

母は交通事故で脊椎を圧迫骨折して以来、背骨が歪み背中が丸くなり身長が10センチ以上縮みました。それ以来、重いものは持てず、長距離は歩けません。数年前から介護保険の要支援という初期段階の介護サービスを受けています。

昨年の介護認定更新のときに、兄弟が、母の物忘れがひどいことを懸念し、心療内科(介護認定の診断医)を受診させました。いくつかの項目でひっかかったので、認知症(初期段階)と診断され、要介護ということになりました。

認知症のチェック項目の一つである、今日の日付をいきなり聞かれたら、私でもたまに間違えることがありますから、普通の状態と認知症が隔絶しているわけではありません。記憶力の減退と気力低下は明らかですが、判断力は正常と感じるので、脳血管性の認知症の初期段階だと思います。

実際、母は10年ほど前の検査で、脳に小さな血栓のような詰まりがあると診断されてますし、中性脂肪と血圧も以前は高めで降圧剤の常用してました。認知症と聞くと、身内に居ない人は、人格も変わってしまい、半人前のような幼児のような人間になると思ってるかも知れませんが、実際は違います。

認知症が進めば、人格変容と幼児化、奇行が始まります。私の祖母がそうでした。まだアルツハイマーや痴呆症、認知症などという病名は一般的には聞いたこともなく、物忘れや多少徘徊が始まった程度の老人は、単にボケたとしか表現されない時代でした。祖母の場合は、最終的には外見以外は別人格のようになり、実の娘(僕の叔母)のことすら認識できないまでになり、完全に社会性が崩壊した状態にまでなりました。介護サービスなども無く、自宅での介護だったので、両親が外で働いていたこともあり、当時、市内の高校に通学していた僕が、放課後、部活をさぼり祖母の見張り役になっていました。

祖母や母や伯父、叔母のケースを実際に見てきたのでわかりますが、少なくとも初期、中期段階では、判断力はしっかりしてますし、プライドもしっかりあります。それをいかにも「ボケ老人」か子供のように扱えば、本人の自尊心を著しく傷つけます。

祖母や母と直接接していて感じるのは、足腰など運動機能や内臓機能が加齢と共に衰えるのと同様、脳機能も衰えるのが自然だということです。日付や昨日の食事内容など、どうでもいいことは覚えなくなりますが、本人や家族にとって重要なことは、意外にしっかり覚えていて、対応や反応も適切なのです。

直接経験してないこと、マスメディアや人から聞いた程度のことで知ったつもりでいても、実際にはかなり違っていることがありますが、本人はわかっているつもりでいることは多いものです。特に人間に関することは、最初からわかったつもりで対処すると、うまくいかないことが多いと感じています。

整体師である私は、毎日、不調に悩む人様の体に触れて調整していますが、体に関することも同様だと思います。体を機械のように考えて(現代西洋医学は基本的にそのようです)、問題箇所を修正したり削除・交換すれば、機能は改善・回復するとは限りません。わかったつもりでいても、体に関しては未知の事の方が多いと思います。

さらに心の問題も関わってくるので、自分はまだまだわかってないという前提でいないと、生身の人間の思わぬ症状と出合ったときに、成す術がないという状態になりかねません。まだまだ知らないことの方が多い。相手もわかってるとは限らないという前提でいないと、後悔、失望する可能性は高いでしょう。

残念ながら整体で認知症は治せませんが、曲がって固まった母の背骨をやさしく調整していると、母は気持ちよさそうにしてます。施術が終わった後は、スヤスヤと眠り込むこともあります。体が楽になると心がリラックスし、気持ちも穏かに落ち着いてくるのがわかります。

血管年齢を測ったら

多少介護が必要な一人暮らしの母がいるので、月一くらい帰省しています。実家は北国なので、埼玉よりかなり寒いです。日本海側の郷里は、今年は1月中旬から雪が降り続き、かなりの積雪量になっています。

帰省したとき、車で15分ほどの所にある温泉施設に行ってきました。ロビーに血管の循環機能(血流と血管年齢だと思います)を100円で測定できる機械がありました。「健康チェック」という名称です。湯上りに測ったら実年齢より10歳若いと判定されました。温泉で血流が良くなっていたせいもあると思います。

健康維持、特に循環器の機能を良好に保つには、入浴は効果的だと感じました。血流が悪く体が冷えている人で、体調が良い人には、まだお目にかかったことがありませんし。

血液は細胞に栄養を運び、老廃物を運び出します。身体活動に不可欠な酸素を供給し、二酸化炭素を回収します。このような生命維持と活動に重要な役割を果たしている血流が滞ったり効率が下がると、体調が悪くなるのは当然といえます。

まだまだ寒い日が続くと思いますが、身体を冷やさないようにお気をつけください。

適当に流せない性格

今の仕事では、以前の仕事(販促・広告企画・制作)に比べると、比較にならないくらいいろんな人と接している。

生まれつきかどうかは、わからないが、結構人見知りする性格だから、初対面は特に緊張感がある。

会話も適当に流したり、適当に受け答えすることが苦手というか、好きでないので、つい真正面から受け止めてしまい、最適と思われる受け答えができてないと感じることも多い。

整体業は接客業でもあるから、会話の組み立てと患者さんへの対応は、気づかいが必要だから、肉体的にはそれほどでもないが、緊張感というか集中力を要すると感じている。

その面では、たぶん、この仕事は自分には向いてないのかも知れないと思うこともある。

苦手な人というのは、やはりいるので、患者さんでもそのタイプの人だと、効果はイマイチで、同じ時間施術していても、疲れ方が違うようだ。

性格はそうカンタンには変えられない、というか、人生の半分以上が過ぎた(たぶん)今から、根本的に変えたいとも思ってないから、営業方針、接客方針を自分に合うスタイルにした方がよさそうだ。

野口晴哉先生は、全身全霊で治療されていたが、その気にならない患者は平気で断っていたそうだ。若い頃は、断る患者の方が多かったという話もある(それでも日に100名以上治療してたそうだから、凄いとしか言いようが無い)。

野口先生の足元にも及ばない自分が、せっかく来られた患者さんを断るなんてできるわけもないし、したら生活が成り立たなくなりそうだが、自分を殺してまで接客的な面を追求していっても、いい成果はあげられないと思ったら、なんだか楽になった。自分と合わない人をひき止める努力は徒労に終わることが多いだろうし。

やはり自分には、施術の効果と体と健康のための情報提供、指導力を高めることが、自分を生かすことにつながるような気がする。(そっちのほうが興味もあるし、やる気も出る)。

患者の立場になってわかること

昨日、正月に外れた奥歯のかぶせ物が入りました。レントゲン写真を見せられながら良くない部分を指摘されましたが虫歯ではないので、治療は断りましたが、歯石が付いていると言われて断りきれず、まだ通院することになりました。1月半前に別の歯科で歯石は取ってたので、もやもやした気分です。

少しでも汚れや状態が良くない箇所があれば、治療を勧めるのが歯医者の仕事だと思いますが、他の歯科で半年後で歯石は大丈夫と言われ、歯も特に問題のある箇所は無いと言われてるので、釈然としない気分もありますが、診療の仕方や患者対応など、自分の仕事の参考になると考えています。

体調不良の自覚が希薄な患者さんや、私の整体院に好印象の無い人に、通院を勧めていることもきっとあるのでしょう。そんな場合は、後で「予定が入った」とか言ってキャンセルされてるんだと思います。通院は患者さんの自発的意思でしてもらうのが理想です。

勘ぐって考えれば、昨日行った歯科は開業してまだ10年以内で、歯科衛生士を何人か雇っていて、レントゲンはデジタル最新機器で、医院のスペースも広いので、かなり開業時資金がかかっていると思いました。それを回収し人件費を払うためにも、結構強めに通院を勧めてる面があるのだと思います。

行き着けの歯科は開業して15年ほどで、駅前で立地は良いし、設備はおそらく開業時のものを使っているので、悪いヶ所を強調して通院を勧めるようなことはなく、こちらがいいと言えばあっさりしたものです。

どちらがいいかわかりませんが、かぶせた歯は違和感もなく調子はいい感じで

すぐに効果を感じる整体

整体の施術の直後でも、症状の改善が感じられることが多いですが、時間が経つと体が変わっていくので、翌日以降の方が楽に感じることも多いです。先日も患者さんからメールで、「整体院を出てからすごく体が軽く楽になったのに気づき感動しました」とうれしいメールが届きました!

患者さんから「整体を受けてから体が楽になりました」という感想を聞くことほどうれしいことはありません。時間をかけて書いた手紙をいただくこともあります。当院の整体の適応症で、病院で全く対応してないものはありませんが、病院では治療法がない結果が出なかった方からは特に感謝されます。

整体は保険適用でなく自費治療で安くないですし(当院は4千円)、国家資格でもないのに、多くの人たちが来院してくれるのは、感謝の気持ちでいっぱいです。中には2時間もかけて来られる方がいますが、患者さんの期待と通院の努力に応えるためには、全身全霊で施術しないといけないと思わされます。

患者さんの中には、疲れるでしょう?とねぎらってくれる方もいますが、体力的にはそれほどではありません。難しい症状、慢性化した症状の場合は、特に集中力が必要ですが、それを感じさせるということは、まだまだ私の技量と力が足りないということでもありますが、うれしい心づかいに感謝してます。

完全に満足できる施術はまだできません。きっと一生できないと思うほど、人の体は複雑で奥深く、整体の技や哲学も深遠で多様だからです。それだけに施術すればするほど、もっと勉強しなければと感じさせられることが起きます。いい整体師になるためには、整体と人に興味がなければやっていけません。

来院の不安感を取り除く

雑煮の餅が歯にくっついたためか、奥歯のかぶせ物が知らない間に取れてました。金属を飲み込んでしまったようです。正月でズーッと歯医者が休みで、今日も明日も行きつけの所が休みなので、別の所に行くことにしましたが、自分が始めて行くとなると、体のことだけに勇気がいるものだと感じました。

歯医者でさえ初めての所に行くのは慎重になるのだから、整体など一般の認知度が低く、評価も定まっていない、医療施設ではないにせよ、体のケアをする所に初めて行くとなると、かなりハードルが高いことは想像に難くありません。

来院促進には、効果に期待を持たせることと安心感を与えることが重要だと感じました。でも、どちらも体験してみないと実感できないので簡単ではありません。口コミも大切ですが、同様の症状でも状況や要素が違うので、その人に効果があって好感が持たれても、知り合いも必ずそうなるとは限りませんし。

今日予約した歯医者はホームページを見て電話予約しました。歯医者でメール予約はめったにないです。HPの内容も重要ですが、電話での対応も大切だと感じました。行こうか迷いがあったり、不安感がある状態で、電話の対応に好感が持てないと、きっと躊躇して急に気が変わることがあると思います。

当院では8割程度がネットからですが、問合せや予約の電話があっても「ちょっと考えてみます」とか、予約はしたが後でキャンセルされたことも何度かありました。その多くはきっと対応に好感が持てなかったのだと反省してます。

食生活が体調を左右する

今年は(昨年の大晦日)正月に毎年作る新潟の郷土料理「のっぺ(のっぺい汁)」と雑煮は、母に教えてもらいながら作りました。これで自分でも「のっぺ」と雑煮はできそうです。昨年は「きんとん」を作りました。「二色玉子」は大好物ですが、これも作ったことがあります。

おせち料理や雑煮を食べて思うことは、昔の食生活は、季節や生活状態、体のリズムや状態に応じた食材と調理法で作られているということです。正月に餅を食べるのは、正月くらい主婦も料理をしないでゆっくりしたいために、腹持ちの良い餅を食べたのだと思います。

カロリーと糖質だけ多く、栄養価が低いジャンクフードや工場生産の添加物一杯の加工食品の多い食生活と、運動不足など体のことに気を使わず、睡眠時間と休息を削った過労の生活を続けていると、ほぼ確実に体を壊し、結果的に多額の医療費負担を強いられ、体調不良で辛い状態が続くことになります。

治せないほうが儲かる?!

現役のベテラン医師が医療について話すネットラジオ番組を毎週聴いてますが、病院は、症状をこじらせ治療回数を増やし、投薬や検査を多くして、入院してもらうと儲かるそうです。整体もそういう側面がありますが…

ヒロ自然療法院の施術方針は、

●症状を早く、少ない施術回数で解消する。

●施術方法は、安全で基本的には痛くない方法で。

●自然治癒力を高めて、病気に罹りにくく治りやすい体にする。です。

整体院の施術の評価で一番はっきりするのは、

「症状が解消したようですが、それまでかかった施術料金と時間を全てお返ししますが、通院する前の体の状態に戻してもいいですか?」

と聞くことです。その方がいいと思う程度の施術なら、価値はないということになります。

整体に限りませんが、時間でいくらという料金体系の商売は多いと思います。サラリーマンでも時給換算でいくらとか計算しますし。でも、10分の施術で症状が解消する整体と、60分かけてくれるが施術前とたいして状態がたいして変わらない整体と、どちらを選びますか?

時間がかかる整体は、クライアントさんの話をよく聞き、丁寧に検査し施術する所も少なくないですが、技術が未熟で施術に時間がかかる場合もあります。整体院を選ぶときには、その辺の見極めが大切です。いくつか行ってみないとわからないでしょうけど。

当院で改善・回復した症状

整体で体の歪みを修正しバランスを整え、免疫力を高めて、薬に頼らない健康回復をしませんか?

来院され改善・回復された方の症状をご紹介します。

腰痛・坐骨神経痛・股関節痛と違和感・肩こり・首痛・背中の張り・膝痛・頭痛・顎関節症・顔の違和感・歯痛・耳鳴り・めまい・ふらつき・頻尿・高血圧・便秘・生理痛・生理不順・恥骨痛・尿漏れ・倦怠感・胃弱・疲れ目・難聴・臭いを感じない・味を感じない・O脚・XO脚・骨盤の歪み・猫背・背骨の湾曲・手指の関節痛・肘痛・五十肩(四十肩)・脚のしびれ・足首・足の甲の痛みと違和感などなど…

整体のライバル

今、お客様に当院の施術の感想を書いていただいています。書くことで割引やプレゼントはしてないので、かなり本音を書いていただいてるようです。その中の一つに「最初は期待してなかったが、慢性的になっていた腰痛が解消した。定期的に通いたいが、料金が高いので頻繁には通えない」とありました。

テレビニュースでは、「今年の冬のボーナスは70万円台になり昨年より増えると見込み」とか言ってますが、それは一部の大企業だけでしょう。皆さんの財布の紐は固いというのが、当院のお客様と話たり感想を読んだ実感です。

整体の目的が「心身が楽になること」とすれば、競合するサービスはかなり多くなります。病院、薬局(薬)、整骨院、鍼灸院、指圧・マッサージ院、カイロプラクティック、リフレクソロジー、アロマセラピー、エステ、スポーツジム、ヨガ教室、さらに旅行、映画、演劇・コンサート、居酒屋、温泉などなど。

生活者の立場で、整体を「楽になるための出費」という捉え方をすれば、実にいろんなサービスが他にもあります。大多数の人は、この10年間で収入が減り続けています。どれかを削るとすれば、多少の痛みや不調なら、がまんしても当然かも知れません。

整体で手技の技術力向上は、仕事上の基本でとても大切です。ただし、整体の技術は、それを受ける相手がいて初めて役に立つものです。つまり、お客様がいないと何も始まらないのです。私も含めて、多くの整体師は、その辺の意識が弱い気がします。

腰が痛い、首が痛む、膝が痛む、疲れが取れない、よく眠れないなど様々な身体の不調で悩んでいる人々が、その解決法として整体や整骨院や鍼灸院、病院に行くとは限りません。

整体以外に、薬を飲む、健康器具、健康食品に頼る、各種セラピー、カウンセリングから温泉、スポーツジム、自分でストレッチなど「私の悩みはこれで解決するかもしれない」と思うもの、期待を持つような手段は、整体師、治療家が考えるより、生活者の方がはるかにいろいろ考えるはずです。

さらには、テレビの健康番組や雑誌の健康記事、健康関連の書籍なども、自分で痛みや不調を改善しようという人々にとっては、有効な手段として認識されているはずです。これらの多くはビジネスとして存在しているので、整体のライバルに成りうるものは、非常に多いのです。

体調不良や痛みなどで悩む人たちからすれば、痛みはすぐに取りたいのです。楽になれば手段など何でもいいというのが本音だと思います。多くの人たちは、体の痛みが、どういうものなのか?原因は何か?などは二の次でしょう(これが不調が慢性化する原因でもありますが…)。

このことの良し悪しはともかくとして、整体院の見込み客には、このようなタイプの人が多いはずです。しかし、私も含めて多くの整体師は、見込客が、実際にどのような痛みで困っていて、どんな解決方法があるのか、どんな商品やサービスが人気があり売れているなどにはあまり関心がないようです。